ニュース
» 2019年06月05日 19時00分 公開

テスラ「Model 3」いよいよ日本で発売 安い? 高い? 「リーフ e+」とスペック比べてみた (1/2)

価格は511万円から。

[鈴木伊玖馬, 編集部,ねとらぼ]

 EV(電気自動車)メーカーの米テスラは5月31日、小型サイズのEVセダン「Model 3」の受注を日本で開始しました。

Model 3 テスラ Model 3(写真:テスラジャパン、以下略)

 Model 3は、ベースグレードで897万円(税込、以下同)からの主力車種「モデルS」(関連記事)、SUV型で972万円からの「モデルX」などに対し、普及価格帯で一気に攻める考えのテスラの入門モデル。米国では2017年7月に3万5000ドルで発売されました。ようやく上陸する日本市場モデルはベースモデル(スタンダードレンジプラス)で511万円からです。本国ラインアップにあった最低廉モデル「スタンダードレンジ」は残念ながら省かれます。

 日本市場でのラインアップは、1モーター後輪駆動仕様の「スタンダードレンジ プラス」と、デュアル(2)モーターAWD仕様の「パフォーマンス」の2モデル。半自動運転システム「オートパイロット」を標準搭載します。

 スマホアプリでクルマを呼べるリモコン自動駐車機能「サモン」、インターチェンジの乗り降りや追い越しなども含む高速道路走行自動化機能「ナビゲートオンオートパイロット」などのオプション機能はプラス62万円で用意。併せて信号や一次停止標識を認識した制御機能や市街地自動運転機能を2019年内にアップデート予定。テスラ車はスマートフォンのようにアップデート配信で車両としての機能追加や改善がなされる特徴もあります。

Model 3 欧州Dセグメントに相当。従来モデルと比べると、ボディーサイズはかなり小型となる
photo Model 3 パフォーマンス(デュアルモーターAWD)の主な仕様
photo 大型のタッチディスプレイを軸にしたインテリア

 ボディーサイズは4694(全長)×1840(幅)×1443(高さ)ミリ、ホイールベースは2879ミリ。重量はスタンダードレンジ プラスが約1611キロ、パフォーマンスは約1847キロです。2019年6月5日時点の納車時期は、スタンダードレンジ プラスが2019年下旬、パフォーマンスは2019年8月後半以降です。

国内ライバルEV「リーフ e+」とスペック比較

 Model 3 スタンダードレンジプラスは、停止状態から時速100キロまで約5.6秒で加速し、航続距離約415キロ(WLTP推定値)の走行性能を持ちます。対してパフォーマンスは655万2000円からと価格は上がりますが、停止状態から時速100キロまで約3.4秒、航続距離は約530キロ(同)と走行性能もかなり上がります。

 国内メーカーのライバル車は、コンパクトクラスの100%EVである日産「リーフ」「リーフ e+」が挙げられます。Model 3とリーフはどこが、何が違うのか、日産の安全走行支援機能「プロパイロット」を搭載するグレードに統一して主な仕様を比べてみます。

  Model 3 スタンダードレンジ プラス Model 3 パフォーマンス リーフX リーフe+ X
ボディーサイズ(全長×全幅×全高) 4694×1840×1443ミリ 4480×1790×1540ミリ
重量 約1611キロ 約1847キロ 約1510キロ 約1670キロ
航続距離(参考値) 415キロ(WLTP推定値) 530キロ(WLTP推定値) 322キロ(WLTCモード) 385キロ(WLTP推定値)/458キロ(WLTCモード)
バッテリー容量 50〜62kWh(推定) 75kWh(推定) 40kWh 62kWh
最大出力 193kW(約262馬力)(推定) 352kW(約479馬力)(推定) 110kW(約150馬力) 160kW(約218馬力)
加速性能(0〜時速100キロ) 5.6秒 3.4秒 (未公表) (リーフに対し、高速域での中間加速性能が13%アップ)
最高時速 225キロ 261キロ (未公表) (未公表)
価格 511万円から 655万2000円から 366万1200円から 416万2320円から
※カッコ内の記述、値は公表スペック以外の推定値、参考値

 ボディーサイズは、欧州Cセグメントクラスのリーフに対して、Model 3は一回り大きいDセグメントに相当します。サイズ差は全長でプラス214ミリ、幅でプラス50ミリ。代わりに全高は約100ミリ低いです。重量はいずれも1.5トン超えとそこそこ重く、Model 3 スタンダードレンジ プラスは大容量バッテリーを備えたリーフe+より少し軽量です。さらに容量の多いバッテリーを搭載するModel 3 パフォーマンスは1.8トンを超えます。

Model 3 テスラ Model 3
リーフe+ 日産リーフ e+

 航続距離は公表スペックの基準値が異なるために単純な比較はできませんが、リーフe+の「WLTP推定値385キロ」とする公表値で比較すると、Model 3の方が若干アドバンテージがあるようです。なおModel 3はバッテリーの効率利用や長寿命化に寄与するバッテリー温度自動管理システム(冷却/温め)も備えます。こちらリーフe+への採用が期待されましたが、残念ながら備わらなかった機能です。

テスラ Model 3

 ちなみに出力と加速性能はModel 3 パフォーマンスがこの中では群を抜いています。ゼロヒャク(停止状態から時速100キロに達するまでにかかる時間)3.4秒は、数千万円から数億円クラスのスーパーカーやレーシングカーでようやく実現できる値です。

 価格はリーフe+に対して約100万〜200万円増し。もちろんその他に、納車時期、メーカーとしての車両サポート体制、ディーラー網やサービス拠点、充電機能、アップデート機能、V2H(Vehicle to Home)設備や機能といった考慮ポイントも多々ありますが、EVの減税や補助金も考慮しながら「そろそろEVも」と比較検討できるようになってきたといえそうです。

リーフe+ 日産リーフ e+は容量62kWhの大容量バッテリーで航続距離を延長。さらに走行性能も高めた


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.