ニュース
» 2018年01月31日 15時31分 公開

「世界一安全」をうたう火炎放射器、イーロン・マスクの会社が発売 初回生産分2万丁が完売の勢い

ていねいなことに消火器も同時発売。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 PayPalの前身や民間宇宙企業スペースX、電気自動車会社テスラの創業者イーロン・マスク氏の会社、The Boring Companyが火炎放射器を500ドル(約5万4000円)で販売開始しました。本来はトンネル掘削事業の会社なのに……理由は一切説明されていません。本当になんでだ。


火炎放射器 掘削事業者印の火炎放射器

 販売ページでは「どんなパーティーも盛り上がることを保証!」「世界で最も安全な火炎放射器!」と軽いノリで紹介されていますが、サンプル動画を見る限り放たれる火炎の長さは1メートル近くありそう。「安全」とは、あくまでも「比較的」ということなのでしょう。そう安全なことにならないケースを想定してか、同じページで消火器(30ドル、約3300円)も販売しています。


サンプル 陽気に火炎を放っていますが、絶対危ない

 イーロン・マスク氏は「もしゾンビが大量発生したら、あなたは火炎放射器を買って喜んでいるでしょう」「火炎放射器は明らかに超ひどいアイデアなので絶対に誰も買わないでください」などと、どこまで本気なのかよく分からないコメントをTwitterに投稿。その一方で、Instagramでは自ら火炎放射を実践して見せています。成功者のやることは何かが突き抜けていますね。


 同氏のツイートによると、2万丁用意された初回生産分は、既に1万7500丁売れており完売の勢い。規制のゆるい米国でこそ成り立つ製品なので、くれぐれも手を出さないようご注意を。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10