ニュース
» 2018年01月31日 15時31分 公開

「世界一安全」をうたう火炎放射器、イーロン・マスクの会社が発売 初回生産分2万丁が完売の勢い

ていねいなことに消火器も同時発売。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 PayPalの前身や民間宇宙企業スペースX、電気自動車会社テスラの創業者イーロン・マスク氏の会社、The Boring Companyが火炎放射器を500ドル(約5万4000円)で販売開始しました。本来はトンネル掘削事業の会社なのに……理由は一切説明されていません。本当になんでだ。


火炎放射器 掘削事業者印の火炎放射器

 販売ページでは「どんなパーティーも盛り上がることを保証!」「世界で最も安全な火炎放射器!」と軽いノリで紹介されていますが、サンプル動画を見る限り放たれる火炎の長さは1メートル近くありそう。「安全」とは、あくまでも「比較的」ということなのでしょう。そう安全なことにならないケースを想定してか、同じページで消火器(30ドル、約3300円)も販売しています。


サンプル 陽気に火炎を放っていますが、絶対危ない

 イーロン・マスク氏は「もしゾンビが大量発生したら、あなたは火炎放射器を買って喜んでいるでしょう」「火炎放射器は明らかに超ひどいアイデアなので絶対に誰も買わないでください」などと、どこまで本気なのかよく分からないコメントをTwitterに投稿。その一方で、Instagramでは自ら火炎放射を実践して見せています。成功者のやることは何かが突き抜けていますね。


 同氏のツイートによると、2万丁用意された初回生産分は、既に1万7500丁売れており完売の勢い。規制のゆるい米国でこそ成り立つ製品なので、くれぐれも手を出さないようご注意を。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2009/23/news159.jpg 「私の勘違い」「虐待ではありません」 華原朋美、高嶋ちさ子に号泣謝罪 尋常でない様子の動画に心配の声やまず
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2009/24/news053.jpg 1歳児の寝かしつけ後、布団を離脱した母が見たものとは…… 育児の「思わぬ伏兵」を描いた漫画が予想外にかわいい
  4. /nl/articles/2009/24/news155.jpg 井村屋が具のない素の中華まん「すまん」を開発中 Twitter担当者とフォロワーの熱意で試作までこぎつける
  5. /nl/articles/2009/25/news014.jpg 「こんなこともできないの?」と言う人は“出来ないこと”がわからない――傷つく言葉が出てくる理由を考えた漫画にハッとする
  6. /nl/articles/2009/21/news037.jpg 「辞めさせていただきます」 「半沢直樹」最終回予告で半沢の出向辞令&退職願提出……衝撃展開にネット考察相次ぐ
  7. /nl/articles/2009/24/news112.jpg アルコール依存症の夫に寄り添う妻の漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』に注目集まる 厚労省・専門家監修で依存症を描く
  8. /nl/articles/2009/24/news177.jpg 「Microsoft Flight Simulator」無料アップデートで日本マップを大幅刷新 “完全に実写”だこれ!
  9. /nl/articles/2009/25/news063.jpg 税率が変更されるお酒が一目で分かる! Yahoo! JAPANが特設サイト「酒税法改正 なにがどうなる?」を公開
  10. /nl/articles/2009/24/news159.jpg 「年齢なんてただの数字よ!」夫たちのカミングアウトから始まったおばあちゃん2人の共同生活は…… 「グレイス&フランキー」がコミカルでパワフル

先週の総合アクセスTOP10