ニュース
» 2020年08月28日 08時44分 公開

ワンコ「に、逃げろ〜!」 セミから逃げるワンコのリアクションが人間みたいでかわいい

うごかないよね……?(ビクビク)

[かのん,ねとらぼ]

 セミがこわくて立ち止まってしまうワンコの様子がTwitterに投稿されています。動かなさそうで、動き出しそうなのがセミ……。



 マンションの廊下でころりと転がるセミを見つめて立ち止まってしまっているのは、rose(@rosetheme_)さんの愛犬・ジェスくん(シュナウザー/1歳/男の子)。以前、死んでいるように見えたセミを鼻先でツンツンしたら、急に動き出したことがトラウマとなり、恐怖を感じているようです。



 立ち止まっていたジェスくんですが、勇気を出して壁際をそろりと歩き始めます。離れているとはいえ、急に動き出すかもしれないセミ。その恐怖心で「やっぱり無理〜!」と引き返してしまいました。


犬 勇気を出して進むも
犬 やっぱり無理〜! と引き返す

 しかし、ここを通らねば家には帰れません。飼い主さんに促されると、壁に体をこすりながらタタタタっと小走りするジェスくん。見事、通り抜けることに成功しました! セミも動かず、ほっと一安心。

 夏の終わりによく見かける「死んでいると思ったセミが急に動き出す」……いわゆる“セミファイナル”と呼ばれる現象、人間でもビックリしますよね。


犬 壁にズリズリ寄りながら、なんとか通り抜けに成功!

 この様子がTwitterに投稿されると、251万回を超える再生数を記録し、「人間みたいでかわいい」「人間の私もセミはトラウマです」「うちの犬もそうで、毎回ダッシュか抱っこです」と100件を超えるリプライが寄せられました。

 rose(@rosetheme_)さんのTwitterには、ジェスくんともう1匹の愛犬・ブルースくん(オーストラリアン・ラブラドゥードル/10カ月/男の子)のキュートな写真や動画がたくさん投稿されていますよ。



画像提供:rose(@rosetheme_)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響