ニュース
» 2020年09月01日 18時15分 公開

「圧がすごい」「そういうクルマじゃねぇから」 トラクターでニュルブルクリンクを爆走、約20キロのコースをドコドコ走る

最終的には24分50秒でゴールしました。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 世界屈指の名サーキットとして知られるニュルブルクリンクを、トラクターで走る挑戦が行われました。走行中のトラクターの存在感がスゲぇ!

photo あのニュルブルクリンクをトラクターが疾走!(画像はYouTubeより)

 ドイツ西部にあるニュルブルクリンクは、難所が多い北コースが有名で、さまざまな自動車メーカーが開発中のマシンのテストコースに採用していることでも知られています。それだけにクルマ好きからの知名度は高く、「憧れの地」や「聖地」と言われています。

photo クルマファンの聖地・ニュルブルクリンク(画像はYouTubeより)

 そんなニュルブルクリンクに挑戦したのは、大型トラクター「Claas Xerion 5000 VC」。ハンドルを握るのはプロレーサーであるクリスチャン・メンツェルさんです。

photo 挑戦に使われたトラクター「Claas Xerion 5000 VC」(画像はYouTubeより)

 この挑戦では、北コース(約20.6キロ)を走行。トラクターは、走行路の半分くらいの横幅があるうえに、シートは通常のクルマよりずっと高い位置にあるなど、一般的な自動車とは勝手の違うチャレンジとなりました。

 普通の人なら完走するのも大変でしょうが、やはりプロのレーサーは一味違います。時速40キロから50キロの速度を保ったまま、順調にコースを走行してみせます。

 最終的にトラクターは24分50秒でゴール。もちろん普通のスポーツカーに比べれば遅いタイムですが、トラクターで走ったことを考えれば、見事としか言えませんね……!

photo 走行時の存在感がスゴすぎる……!(画像はYouTubeより)
photo 坂道では60キロ前後の速度が出る場面も(画像はYouTubeより)
Claas Xerion 5000 Trac VC: Wir fahren Nordschleife! - Fast Lap | auto motor und sport


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10