ニュース
» 2020年09月12日 17時30分 公開

100年以上前の映像を4Kフルカラー化 1902年にドイツで撮影されたモノレールの車窓ビデオが公開

路上で歩く人まで滑らか……!

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 100年以上前にドイツで撮影されたモノレールの車窓から撮影したフィルムビデオを、4Kフルカラー化した映像がYouTubeで公開されています。当時の空気が感じられるほど鮮明な映像に思わず感動してしまいます。

photo 4K動画に再編されたモノレール動画(画像はYouTubeから)
The Flying Train, Germany, 1902

 この映像は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が保存していた映像を最新技術を使って加工を施した物で、フルカラーで着色されて、フレームレートも60fpsとなっています。

photo 路上を歩く人もくっきり見えます(画像はYouTubeから)

 1902年に撮影されたオリジナルの映像は、当時の主流であった16ミリや35ミリではなく、高品質な映像を残せる68ミリフィルムを使用していました。これによって、フレームを追加してfpsを向上させるなど加工が可能となったわけです。

 映像に写っている建物だけでなく、眼下を歩く人々の姿もくっきりと確認でき、1902年のドイツにタイムスリップして撮影してきたかのような映像に仕上がりました。

photo 当時のモノレール駅構内も描写されています(画像はYouTubeから)
オリジナルのフィルム「The Flying Train 1902」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10