エンターテインメントは不要不急なのか? 三谷幸喜と香取慎吾が今、汗をかいて演劇を魅せる意味(1/3 ページ)

三谷さん「ライブじゃないものの演劇って、演劇的ではあるけど、演劇ではない」。

» 2020年09月18日 07時00分 公開
[百合野綾ねとらぼ]

 三谷幸喜さん脚本/演出、香取慎吾さん主演のオリジナルドラマシリーズ「誰かが、見ている」が、9月18日からAmazon Prime Videoで独占配信。Amazon Prime Videoのプライム会員向けサービスが日本で開始されて5周年を迎えることを記念し、Amazonが企画から参加した日本オリジナルドラマシリーズの第1弾となります。

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている インタビューに応じた三谷さんと香取さん

 三谷さんと香取さんといえば、2002年放送のテレビドラマ「HR」(フジテレビ系)をはじめ、2004年のNHK大河ドラマ「新選組!」、2009年の舞台「TALK LIKE SINGING」(日本では2010年上演)、2015年の映画「ギャラクシー街道」、2018年の舞台「日本の歴史」など、数々の作品を作り上げてきた仲。そんな2人の原点ともいえる「HR」同様、「誰かが、見ている」は、“シットコム”(シチュエーションコメディー)に挑戦しています。

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている 「誰かが、見ている」メインビジュアル

 予想もしない失敗を繰り返す、主人公の舎人真一(香取さん)と、書斎の壁に偶然発見した“穴”から真一の生活をのぞき見するのをひそかな楽しみとしている隣人の粕谷次郎(佐藤二朗さん)を中心に巻き起こるドタバタコメディー。「HR」から18年、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)がまん延し予想もつかない社会情勢となった今、再びシットコム作品を届ける思いをリモート取材で聞きました。

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている 香取さん演じる舎人真一


――お二人がタッグを組むシットコムは「HR」以来です。当時、どのような手応えを感じ「誰かが、見ている」に生かされたのでしょう?

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている

香取: お芝居をしていて、疲れて汗をかいたり息が切れてたりとか、そういう体の変化が起きてくるのがドラマでは初めてで。シットコムには、その気持ち良さがありました。マラソンで言うランナーズハイのような。マラソンしないから分からないんですけど(笑)。走ると汗かいて、外気持ち良いんだよねーみたいな感じで。

三谷: シットコムの要件は、「ノーカット長回しでお客さんを入れて撮る」ということではないんです。アメリカでそんな風に撮っているなんて聞いたことがないし。でも、お客さんを入れて見てもらうときに、途中で止まるとテンションも下がっていく。お客さんに喜んでいただけるものを作ることが、僕がシットコムを作る一番の条件だとすると、そこは一気に撮った方が良い。ということで、「HR」と同様に今回もその形を採っています。

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている

 例えば、ドラマで汗をかいているシーンを撮るときは、まず俳優さんの汗をメイクさんがきれいに拭き取って、そこからスプレーで汗をつけることがあるんです。そういうのを見ていると、本当の汗でいいじゃんって思っちゃう。

香取慎吾 佐藤二朗 誰かが見ている 山本千尋さん、佐藤二朗さん

 今回は30分長回しで撮っているので、後半は佐藤二朗さんが汗だくになっているんだけど、あれは本物の汗。その臨場感があって、普通のドラマとは全然違うテンションを感じます。単に撮り方やお客さんの声が入っていることだけじゃなくて、今まで見たドラマと全然違うと分かっていただけるんじゃないかな。

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている

――何度もタッグを組まれてきたからこそ、新しい仕事をやるときは緊張感があるのか、あるいは楽しみなのか。二人はどちらが先攻しますか?

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている 宮澤エマさん、香取さん

三谷: たくさん一緒に仕事をしてきましたけれども、仕事以外、プライベートで会ったりすることってゼロですから。仕事のときだけガッと集まる感じなので。毎回新鮮な緊張感です。当然、なれ合う感じでもないし。

 僕と彼との関係は、僕が台本を書いて「こういうことをやってくれ」と言って、彼がやってくれる。ただ、それがいつまで続くか分からないし、いつかは「いや、もうこれちょっと三谷さん。僕と感覚合わないからできませんよ」という日が来るかもしれない。その緊張の中で毎回仕事している感じです。

――香取さんはいかがですか?

香取: 幸せです。いつも三谷さんがご一緒させてくれていて。本当に好きですし。いろんなものを生み出す、三谷さんの才能にほれていますし。そこに参加できるだけで、本当に幸せだなぁって。

香取慎吾 三谷幸喜 誰かが見ている

 逆に、自分が出演していない三谷さんの作品を見たときに「何で僕はここにいないんだろう?」と最初に思うんだけど。すぐ次に「ここには僕は必要ないって、三谷さんが思った。だから、ここにはいないんだな」と。でも「ここには必要ないんだけど、次なのか。次の次なのか。何か三谷さんが僕とやりたいと思ってくれるのが、まだまだ終わらないんだろうな」って思っています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」