「名前はまだない」女優が「夏目響」になるまで――本格デビュー前から注目集めた存在の胸の内を聞いた(1/4 ページ)

逸材感がそこはかとなく漂う夏目さんに話を聞きました。

» 2020年09月27日 17時00分 公開
[西尾泰三ねとらぼ]

 2020年5月、1人のセクシー女優がSODクリエイトからデビューを果たしました。

 彼女の名は「夏目響」。しかし、時期によって別の名で呼ばれていました。あるときは「医療事務員・小林さん」、そしてあるときは「名前はまだない」と――。

 彼女の存在が話題になったのは、2020年2月のこと。SODクリエイトがリリースした作品の特典付録DVDに、息をのむような透明感とほとんど言葉を発しない女性が登場。女性の名はどこにも見当たらず、ただ、「名前はまだない」と記されていました。

夏目響 名前はまだない SODStar SOD インタビュー 「名前はまだない」改め夏目響さん(Photo by 羊肉るとん

 新人女優のプロモーションのためのよくあるギミックかと思いきや、映像冒頭では、後に続く映像がAVのテスト撮影動画であること、そして、「売り物にするには申し訳ない」という本人の意向で、他の作品の映像特典として頒布することにしたとの旨が記され、異質な内容ながら、映像に登場する女性のどこか物憂げで、不安げな雰囲気も相まって注目を集めました。

 そんな中、3月には同じ女性が週刊誌のグラビアに「医療事務員・小林さん」として登場。自ら応募したという素人が突然誌面を飾ったのだから、ここでも、そのポテンシャルは高く評価されていたことがうかがえます。

 ミステリアスな雰囲気をまとう「名前はまだない」女性への関心は衰えず、4月には「名前はまだない。」という芸名のままでデビュー。FANZAのデイリーランキングでは初登場1位を獲得するなど、その存在が広く知られるようになりました。

 こうした反響を受け、5月には「名前はまだない。」から「夏目響」の名でセクシー女優として正式デビュー。妖艶な雰囲気を漂わす夏目さんに話を聞きました。

夏目響 名前はまだない SODStar SOD インタビュー

なぜ最初は「名前はまだない」だったのか――

―― 夏目さんが最初に世に出た特典映像、「名前はまだない」というラベルも新鮮でしたが、自らSODに出演応募したはずなのに迷いがあった、というくだりが気になりました。制作陣が女性の雰囲気を把握するためだったり、メイクのイメージをつかむために行われているテスト撮影をあえて世に出すアプローチになったのはどういういきさつだったんですか?

夏目 迷いがあったのは、やってみようという気持ちは揺るぎなくあったんですが、業界で活躍されている他の女優さんたちを見ていると、その中に私が加われるのかという不安が大きかったからです。

 私、自分の裸をきれいだとか顔がかわいいとかはあまり思ったことがなくて、この仕事だからそう言われてるだけじゃないかなっていう思いが今もあります。私の裸やSEXしている姿を見てまた見たいと思ってくださったり、興奮してくださる人が本当にいるのか自信が全くなかったので、ああいう映像の出し方になったんです。

夏目響 名前はまだない SODStar SOD インタビュー

―― 自己評価が高くないんですね。そんな人がどうしてこの業界に入ろうと思われたのかに関心があります。

夏目 私がなぜこの業界でデビューしようと考えたのかという根っこの部分は、まだどこにもお話していなくて、それはもしこのお仕事を5年以上先とかもずっと続けていたなら、そのときに笑い話として話せたらいいなとは思っています。

―― なるほど。ではそこは脇に置いておいて、初体験は20歳のときとお聞きしました。プロフィールから逆算すると2018年あたりで、それからSODに出演応募するまで1年ほどですが、端的にこの間何があったのかなと。

夏目 そうですね。少なくとも、初体験でSEXが好きになって、その延長でAVに興味がわいた、というのではないです。

夏目響 名前はまだない SODStar SOD インタビュー

―― テスト撮影の内容に満足が行かなかったのかなとも邪推していました。

夏目 初めてカメラが回っている中でSEXしたんですけど、台本はありましたが、私が何かするというのは特に書かれていなくて、これでいいのかなとか不安に感じながら進みました。実際のところ、テスト撮影の映像も自分ではチェックしていなくて、後にネットニュースで報じられた際の画像で初めて見たくらいです。

―― でも、夏目さんの予想に反して、映像は話題を呼び、正式デビューまでしてしまいました。

夏目 はい。正式デビューしてから、やっていこうという前向きな意識は以前と比べてもより増しました。撮影ではプライベートでしないような体位を結構要求されるので、台本からイメージするのが難しかったりしますし、“蟻の門渡り”とか聞きなれない単語もよく出てきて、毎回初めてのことばかりで勉強になります。撮影はとても楽しくやっていて、覚えたことを次に生かそうという思いで毎回臨んでいます。そういう意味では少しづつ成長しているのかな。でも、それ以外で何か変わったことというのは特に感じていないです。


夏目響 名前はまだない SODStar SOD インタビュー

―― お話ししていると、人見知りというか、自信のなさが強く出ている印象です。

夏目 心配性ですし、人見知りなのもその通りだと思います。ちょっとコミュ障で、人との輪もあまり広がってなくて、仕事以外でも関わりがほとんどないですし。でも今は、分からないことがあれば監督さんに事前確認することは結構あります。多分、他の女優さんと比べても確認している時間は長めです。今こうしてお話している私よりは、作品のイメージにあった私になろうと努めています。

―― 作品でこういうのをしてみたい、というものはありますか?

夏目 最近思うのは、痴漢ものに出てみたいです。現実では絶対にだめな行為だし、でも身近にはある。作品の中でそういうリアリティーをちょっと感じてみたいので。

夏目響 名前はまだない SODStar SOD インタビュー

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」