ニュース
» 2020年09月29日 08時45分 公開

ディズニーランドに「ベイマックス」新アトラクションがオープン! ライドレポ&注目グッズをピックアップ(1/2 ページ)

小さな子どもも楽しめる「ベイマックスのハッピーライド」!

[あかいけまい,ねとらぼ]

 世界のディズニーテーマパーク初! 映画「ベイマックス」をテーマにしたアトラクションが9月28日、東京ディズニーランドにオープンしました。ケア・ロボットの操縦で予測不能に右に左にぐるぐる楽しい! 大人も子どもも大興奮の新アトラクションの様子、かわいすぎる関連グッズを紹介します。

ベイマックス ベイマックスの新アトラクション!

「ベイマックスのハッピーライド」でみんなハッピー!

 映画「ベイマックス」をテーマにしたトゥモローランドのアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」。コンセプトは「体験したすべての人たちをハッピーにすること」です。身長81センチ以上と3歳前後の子どもから家族で楽しめるライドタイプのアトラクションです。

 映画「ベイマックス」は13歳で高校を卒業した天才科学少年ヒロが、憧れの兄タダシの背を追って大学に入学するも、事件に巻き込まれてしまいます。真相を確かめるべく、兄タダシの作った“ケア・ロボット”ベイマックスや大学の仲間たちと悪に立ち向かうヒーローアクション映画です。

 このアトラクションの舞台は、ヒロが開発した施設。ヒロが量産したケア・ロボットたちがゲストを楽しませます。よく見ると、風船的な張りやシワも見えます。うぅ、マシュマロボディに抱きしめられたい!

ベイマックス 映画「ベイマックス」より
ベイマックス 映画「ベイマックス」より
ベイマックス アトラクションのケア・ロボット

 入口ではベイマックスがゲストを迎えます。どれもこれもベイマックスに見えてしまいますが、我々が映画で出会ったベイマックスは入口だけなんです。キューラインを進むと、“ハッピーと健康になれるおすすめの運動”が紹介されています。待機列(キューライン)は一列ずつクリアシールドで感染対策されているので待ち時間に運動を試せそうです。

ベイマックス この手を上げているのがベイマックスで、他は違うケア・ロボットです
ベイマックス 背のびしている3キャラがかわいい
ベイマックス 体をひねってみよう!
ベイマックス シールド設置で感染対策も!

 記念手形とヒロからのメッセージも展示されています。兄タダシの意思をつなぐコメントに映画「ベイマックス」ファンとしてぐっとくるものがあります。筆者もわりと大きい方ですが、ベイマックスの手ってこんなに大きいんですね!

ベイマックス メッセージと手形のプレート
ベイマックス ちょっと泣きそうになりました
ベイマックス ベイマックスの手……すごく大きい!

 キューラインにはケア・ロボットを充電するためのケースや、ヘルスケアチップが展示されています。このグリーンのカード1枚に1万通り以上の治療法がプログラムされているそうです。1万通り以上も作った兄すごいな! また、ケア・ロボット修理ステーションも存在します。空気漏れが発生した際の緊急対応用として感圧粘着テープが保管されています。セロハンテープじゃさすがに応急処置すぎますもんね。天井にはイラストや映画のセリフが書かれたプレートが飾られています。「クールだよ!」と言ったヒロに「涼しくないです」と天然な回答をするお茶目なベイマックスもネタになってました。

ベイマックス ヘルスケアチップはケア・ロボットの脳と同じ
ベイマックス セロハンテープではないらしい
ベイマックス 「もう大丈夫だよ」と言ったらケア・ロボットも入るのかな?
ベイマックス 天井には映画のワンシーンのセリフがいろいろ
ベイマックス クールの解釈は映画のクスッとシーン

 乗車エリアは2方向に分かれます。乗り込んでシートベルトを着用したらスタートです。

 アトラクションの所要時間は約1分30秒、アップテンポのオリジナルソングに合わせてライドします。ライド中はカラフルなライトアップが魅力的! ぜひ夜に乗りたいアトラクションです。

 乗車定員は最大2名、足元も広く乗りやすい! 写真や外から見ている感じより、実際結構激しいな! という印象です。右へ左へ遠心力で振られます。右かな? と思いきや左だ! など予測不能さが楽しいです。ライドに扉がないため、足元に置いた荷物が飛ばされないようにだけしっかり注意しましょう。

ベイマックス この円をただ回るだけじゃない!
ベイマックス しっかりつかまって!
ベイマックス カラフルなライトと音楽でテンションあがるアトラクションです
ベイマックス ぐんぐん進むぞ
ベイマックス 入り口のモニュメントもかっこいい
ベイマックス スタイリッシュなキャストコスチューム
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する