ニュース
» 2020年10月03日 21時00分 公開

「キャットフードのガチャガチャをやりたい」と言い出した娘さんの行動にホロリ…… 旅立った愛猫を思う気持ちに「泣いて癒やされた」

胸が温まるエピソードでした。

[宮原れい,ねとらぼ]

 女の子が「キャットフードのミニチュア」のカプセルトイを見つけ、親に回したいと言い出したエピソードが「優しい子だ……」「泣いて癒やされた」とTwitterで話題になっています。愛猫思いの行動にじんとくる。



 投稿したのはフクダカズヤ(@ka_z_yan)さん。娘さん(長女)が外出先でその“ガチャガチャ”をやりたいと言い出し、しぶしぶといった感じでやらせたところ、後日、数カ月前に亡くなった愛猫の遺影の前にお供えしてあるのを見つけたそうです。


娘 キャットフード ガチャ ミニチュア 愛猫 遺影 お供え 愛猫の遺影の前に置かれたキャットフードのミニチュアを発見

 「…なるほど、こうしたかったのね…」と、その娘さんの思いやりのある行動に「学ぶものがあるなと」感心したというフクダカズヤさん。なお、その後こっそり泣いたこともツイートしています。キャットフードのミニチュアを見つけて、すぐにお空に旅立った愛猫にあげたいと思った、娘さんの温かい心にホロリ……。




 愛猫の名前は「ぽてと」くん。2009年11月の肌寒い季節に、小雨降る中で弱りきったところを保護したそうで、以来、フクダカズヤさん家の長男として家族に。

 その後、初めての人間の赤ちゃんを見て少し警戒したりするも、徐々に慣れて娘さんの側で一緒にくつろぐ姿もみられていました。ちなみに、なかなかに甘えん坊だったようです。







 ぽてとくんは正確な年齢はわかりませんが、保護されてから約10年4カ月後の2020年3月26日、出会ってから最後まで、温かい家族に見守られる中で天国へ。フクダカズヤさんは「本当に優しく親孝行なネコで感謝しかありません」と、大切な家族への思いを述べています。



 なお、フリーモデラーのフクダカズヤさんは、バンダイの「ねこぶそう」シリーズの武装デザインを担当(関連記事)。第2弾である「ねこぶそう2 並盛りA」の猫フィギュアは、カラーの塗り分けが愛猫・ぽてとくんをイメージしたものになっています。そして先日には、入浴前に“イヤイヤ”が始まってしまった娘さん(2歳の次女)に「じゃ、ぽてとのお人形とお風呂行く?」とその猫フィギュアを差し出したところ、すぐに解決したことがツイートされていました。「愛猫の力はまだまだ現役のようです」。






画像提供:フクダカズヤ(@ka_z_yan)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10