ニュース
» 2020年10月08日 19時01分 公開

それは、“人間の機微”を見るドラマ――シリーズの全てを見てきた男、坂東工に聞く「バチェロレッテ・ジャパン」(1/3 ページ)

僕はそれを見ていて、美しいとさえ思いましたね――坂東工

[西尾泰三,ねとらぼ]

 Amazon Prime Videoの婚活サバイバル番組「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1が10月9日に配信開始となりました。

バチェロレッテ・ジャパン 坂東工 インタビュー

 容姿端麗、高学歴、高収入のバチェラー(独身男性)を多くの女性が奪い合う“華やかな地獄絵図”を追った「バチェラー・ジャパン」の“男女逆転版”として、才色兼備のバチェロレッテが主役となり、17人の男性候補から1人のフィアンセを選ぶ「バチェロレッテ・ジャパン」。

 バチェラー・ジャパンの全シーズンでホストとして旅路の全てを見届けてきた坂東工さんが、バチェロレッテ・ジャパンでもホストを担当。スーツをビシッと着こなし、優しげな笑みを絶やさず、適度な距離感で参加者らと接する姿はダンディーで、番組に欠かせない存在ですが、坂東さんは、この“男女逆転”をどう感じるのか、本人へのインタビューを通じてじっくりひもといてみました。

バチェロレッテ・ジャパン 坂東工 インタビュー 坂東さんだ! (以下、Phonto by こた

彼女は、最初から、もう、バチェロレッテですよ――

―― はじめまして。バチェラー・ジャパンおよびバチェロレッテ・ジャパン拝見しました。バチェロレッテの配信を待ちわびるあまり、ついうっかりバチェラー・ジャパンを全シーズン10回以上見てしまいましたが、いよいよバチェロレッテ・ジャパン配信ですね。早速ですが、坂東さんから見たバチェロレッテ、福田萌子さんの印象から教えていただけますか。

バチェロレッテ・ジャパン 坂東工 インタビュー 初代バチェロレッテの福田萌子さん

坂東 彼女が最初に車から降りてくる瞬間に、僕も初めて彼女に会うわけですが、降りた瞬間に彼女はバチェロレッテだという説得力、オーラがありましたね。性格も求道者というか、昨日より今日、今日より明日と、自分を律してさらに成長していこうとする姿はもう哲学者か修行僧かというくらい。自分を律するというのはなかなかできることではなくて、そこには本質にたどり着きたいと願う自分自身の姿があるのだと思いました。

―― 歴代のバチェラーとの違いは感じますか?

坂東 シリーズをご覧になっているとお分かりだと思いますが、バチェラーはそれぞれ本当に違う人間で個性があって、スペックはあの通りですから。福田さんは福田さんで素晴らしい。25頭身くらいありますからね(笑)。そういった容姿のことから、考え方、笑ったときのチャーミングさ、彼女の持っているバックグラウンドなども加味して考えると、もう、バチェロレッテですよ。

―― 海外のバチェロレッテをご覧になったことは? 日本版との違いは感じますか?

坂東 何度かあります。やっぱり文化が異なればさまざな部分で違いが生じるものですが。福田さんはグローバルに活躍されていて、非常にワールドワイドというかカルチャーギャップもない方。参加者の方も、ハーフの方もいれば、エバンズ(・マラカイ)さんのようにオーストラリア出身だったり、黄皓さんは中国だったり、そういったダイバーシティがありますね。彼女自身も英語、中国語、イタリア語が話せてもうすごいですよね本当に。

バチェロレッテ・ジャパン 坂東工 インタビュー

男女逆転によるドラマ性の違い「すっごいありました」

―― バチェロレッテは、“バチェラーの男女逆転版”とも言われますが、男女逆転によってドラマ性の違いを感じましたか?

坂東 僕ね、最初はそうしたものはないと思っていたんですけど……すっごいありました

 これまでのバチェラーって、言ってみれば、久保裕丈さん、小柳津林太郎さん、そして友永真也さんという方の物語に見えますが、裏返すと、女性陣のドロドロとした駆け引きや根回しも見どころじゃないですか。これがバチェロレッテでは女性1人に男性17人。僕、思うんですけど、“男らしい”という言葉は、女性のために、そして、“女女しい”という言葉は男性のためにあるなと。

 “女女しい”というのは決して悪い言葉ではないです。意気地がないとか、虚勢を張るとかも多分そうですね。でも、そういうことをしないと、男の人ってなかなかアクセルを踏まない。本当のことを言わないんです。一歩勇気を出して踏んだアクセルは誠実さを伴って、かっこ悪いんだけど、かっこよさにつながっていく。それはまさに“人間が出る瞬間”。僕はそれを見ていて、美しいとさえ思いましたね。

バチェロレッテ・ジャパン 坂東工 インタビュー

―― 長くシリーズを拝見させていただいた中で、結果的に残っていく人は何かしら醸し出すものがあるように感じます。人のコミュニケーションにおいて、その人の人格や人となりといったものはどういう所作や言葉の使い方に表れてくるのでしょう。

坂東 逆説的ですが、用意しないことだと思います。

 やっぱり、みんな自分で筋書きを書いてくるんです。「2人になったらこれを言おう、あれを言おう」とか。で、自己本位になってくるんですよね。

 それはアピールということでいうと、した方がいいときもあるかもしれませんが、それもTPOに依りますよね。では、一番大切なことは何かと考えていくと、自分よりも相手のことを聞きたい、といった“相手ありき”でないと、なかなかコミュニケーションが成立しないのかなと思います。そこには台本なんかないじゃないですか。

―― 確かに。それぞれ頭の中では台本めいたものを組み立てて臨まれているものなんですね。

坂東 台本って魂入れるの大変なんですよ。芝居見てても分かるじゃないですか。(台本に)書かれたものをそのまま言ってみると、かんじゃったりする。それって、心が伴わないからなんです。

バチェロレッテ・ジャパン 坂東工 インタビュー 「相手ありき」のススメ

―― 以前、バチェラーとは話すこともあるが、女性陣とは基本的に全く話さないと明かされていました。バチェロレッテになると、男性陣とは話さないということになるんですか?

坂東 僕自身はバチェラー/バチェロレッテを通して、女性陣、男性陣に対しては、カメラが回っている以外では全く関わりませんし、話しません。僕がどこにいるかさえ、多分彼ら彼女らは知らないと思います。

―― 福田さんとアドバイスのような会話をすることはあるのでしょうか?

坂東 いえ。思うに、彼女は自分の中で、きちんと向き合うことに対して誰かのせいにしない人なんです。彼女自身で悩んで決めていく、いかないといけない。彼女自身も頭のよい方ですから分かってらっしゃる。なので、こと恋愛に関しては、そういう会話は一切ないですね。

バチェロレッテ・ジャパン 坂東工 インタビュー 立ち振る舞いが洗練されている坂東さん

―― これまでのシリーズだと、シーズン2の最後のローズレセモニーが強く記憶に残っているそうですね。バチェロレッテ・ジャパンで印象に残っているシーンを話せる範囲でお聞きしたいです。

坂東 難しいですね……、ここまで毎日、いろんなことが起きるとは思っていなかったです。サービス精神を少しだけ出してお話しするならば……男の涙ってなかなかにきますよ。

 僕が男だからなのかな、男女逆転して、参加者の方が男性になったんですけど、今までは、「この女性残りそうだな」と自分の中で思っちゃうものですけど、今回は誰にも全く何も思いませんでした。僕が女性目線に立つというのも変な話じゃないですか。もちろん、勝ち抜いてきた17人ですから、前提としてみんな個性がありますし、誰が残ろうが全力を出してくれよ、頑張れよ、という気持ちはありました。

―― 完全に見つめる目線が慈愛……。

坂東 応援ですよね。とはいえ、番組ではその立場ではないので、そういうことは一切出しませんけれども、人間としての気持ちはそういうものがありました。

―― 先日、友永さんと岩間さんがご結婚を発表されましたが、シリーズの歴史でそこに至ったケースは稀です。海外のバチェラーだといわゆる一夜を共にするような、肉体的なつながりもストーリーの中に組み込まれていて、日本版ではさまざまな理由からそれがないわけですが、そうしたことも影響しているのでしょうか?

坂東 もちろん、バチェラー/バチェロレッテという番組自体が、結婚に向けたものであるというのは一つのコミットメントとしてあるかもしれません。

 でも、結婚に至らずとも、それは単なる結果で、そこに向かっていこうとする2人がいたことは確かです。例えば一夜をともにすることがないからとか、さまざまな原因はあったとしても、2人の時間というのは必ず育んでいったはず。その中で行われることというのは、やはり男女のことなので、われわれは見守るしかないんですけれど。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」