ニュース
» 2020年10月08日 20時09分 公開

大和田美帆、乳がんの検診を報告 きっかけは「こんな痛い思いさせたくない」との母・岡江久美子さんの言葉

10月は「乳がん啓発運動月間」です。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 女優の大和田美帆さんが10月8日にブログを更新。亡き母・岡江久美子さんの言葉を思い出し、乳がんの検診を受けたことを報告しました。

大和田美帆 岡江久美子 乳がん ピンクリボン ブログで検診を受けたことを報告した大和田さん(画像は大和田美帆Instagramから)

 岡江さんは、4月23日にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)による肺炎のため死去(関連記事)。2019年12月末には、初期の乳がんと診断され手術を受けていました。大和田さんは手術直前に乳がんのことを知らされたらしく、「母の強さ、忍耐力、行動力に驚愕したなぁ」と当時を振り返っています。

 手術前には岡江さんから「注射がちょーーーー痛かった!! 美帆にはこんな痛い思いさせたくない。絶対検診行ってね!」とのLINEが届いていたという大和田さん。その言葉を思い出し、乳がんの検診と人間ドックを受けたようで、がんの早期発見の重要さを説きつつ、「そのあとコロナにさえならなければまだまだ元気でいたはずだと思うとタイミングの悪さに複雑な気持ちです」と、岡江さんが肺炎で亡くなったことへの心境をつづっています。

 続けて、自分や父親の大和田獏さん、4歳になる娘の健康を心配している母のためにも「検査を毎年受けようと思います」と決意を表明。また、「自分に、言い聞かせるため」「少しでも多くの方が早期発見できたら」との考えから、ピンクリボンプロジェクトのバッチを購入したと報告しました。このプロジェクトは乳がんに関する情報を提供し、患者を支援するためのもので、大和田さんは10月が「乳がん啓発運動月間」であることを伝えています。

大和田美帆 岡江久美子 乳がん ピンクリボン Instagramでもがん検診のことを報告(画像は大和田美帆Instagramから)

大和田美帆 岡江久美子 乳がん ピンクリボン 生前の親子ショット(画像は大和田美帆オフィシャルブログから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.