ニュース
» 2020年10月14日 13時36分 公開

完全に「ぷっ」すまだ! 「なぎスケ!」シーズン2決定、大熊アナの2年前の“予言”が的中してしまう

“クイズ関係の仕事”と聞いていた大熊アナ。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 タレントの草なぎ剛さんとユースケ・サンタマリアさんが出演するバラエティー番組「なぎスケ!」が、10月13日に初の生配信を実施。シーズン2の配信が決まる中、2人となじみのある大熊英司アナウンサーもサプライズで出演し、懐かしい顔ぶれにネットでは「やっぱり草なぎさんユースケさん大熊さんの3人こそのぷっすまだよな」「この3人が揃うのってぷっすま最終回以来じゃない?? 泣ける」など感極まる声が寄せられています。

草なぎ剛 ユースケ・サンタマリア なぎスケ! 大熊アナ ぷっすま 江頭2:50 シーズン2の配信が決定した「なぎスケ!」

 シーズン2がAmazon Prime Videoで11月19日から配信される「なぎスケ!」。生配信には、お笑い芸人の江頭2:50さんもVTR出演し、シーズン2決定を祝福しつつ「あらためて『なぎスケ!』のオープニングよ〜く聴いてみろ」と、自分がシーズン1のオープニング曲に合の手を入れていたと明らかにしました。2人はこの事実に驚きながらも、草なぎさんが憧れているシンガー・ソングライターの斉藤和義さんを交えて、新たなオープニング曲作成に着手しました。

草なぎ剛 ユースケ・サンタマリア なぎスケ! 大熊アナ ぷっすま 江頭2:50 斉藤さんも交えて新たなオープニング曲を作成

 また、Twitterで募集したファンからの「漂う」「流れる」「逆らわずに気の向くままにそよぐ」といったフレーズを拾いながら作成を進める中で、ユースケさんは、「何かが足りない!」と言い出し、電話で大熊アナに出演依頼。“スタッフからクイズ関係の仕事で連絡が来る”と事前に聞いていた大熊アナは、「フルートで参加してもらえませんか?」というまさかの依頼に戸惑いつつも快諾し、急きょ曲作りに参加することとなりました。なんというサプライズ。

 大熊アナはバラエティー番組「『ぷ』っすま」のサブMCとして17年間にわたって活躍。最終回の放送後に更新されたテレビ朝日のブログでは、長年に渡り「『ぷ』っすま」を支えてくれた歴代スタッフやファンからの愛を感じたと胸の内を明しつつ、「今も、これで終わりのような気がしないのです」「またどこかで、草なぎさん、ユースケさん、いや“なぎスケ”と一緒に仕事ができるんじゃないか」との思いをつづっていました。その後、2020年7月1日にフリーアナウンサーとなって初の仕事として「エガちゃんねる」に出演。江頭さんとの再開にファンを歓喜させました(関連記事)。

 「『ぷ』っすま」と関わりの深いメンバーが出演した生配信を受けてコメント欄には、「斎藤さんが来てからのつよぽんの表情が少年のようで可愛い」「エガちゃん大熊さんまで出てくれてオールスターうれしかったです」「大熊さんが居ると安心感絶大」「大熊さんシーズン2から合流してくれますか?」など、喜びの声やシーズン2への期待が寄せられています。

草なぎ剛 ユースケ・サンタマリア なぎスケ! 大熊アナ ぷっすま 江頭2:50 大熊アナも加わった4ショット

草なぎ剛 ユースケ・サンタマリア なぎスケ! 大熊アナ ぷっすま 江頭2:50 実はシーズン1のオープニング曲に参加していた江頭さん

(C)なぎスケ!製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン