「ジブリの世界に税金があったら」を妄想 ハウルの「動く城」が事務所兼住宅だったら、税法上はどうなるの?

動く自宅兼事務所、あったらいいなぁ。

» 2020年10月21日 18時55分 公開
[さんきゅう倉田ねとらぼ]

 もし、「ハウルの動く城」が事務所兼住宅だったら、税法上はどういった扱いになるの……?

 鈴木敏夫プロデューサー直筆の「常識の範囲でご自由にお使いください」というメッセージとともに公開され話題となった、スタジオジブリのアニメ映画の場面写真。現在は、14作品の画像がスタジオジブリの公式サイトからダウンロードできるようになっています。

 今回は、映画『ハウルの動く城』の場面写真から「ジブリの世界に税金があったら?」を元国税局員のさんきゅう倉田と想像していきましょう。

さんきゅう倉田

大学卒業後、国税専門官試験を受けて東京国税局に入庁。法人税の調査などを行ったのち同退職、芸人となる。芸人活動の傍ら、執筆や講演で生計を立てる。好きな言葉は「増税」。公式サイトTwitter


ソフィーの帽子屋に税務調査が来たら?

『ハウルの動く城』の世界に税金があったら? 「この帽子屋の税務調査中なんですが、従業員の方もちょっとお話いいですか?」

 まずは、主人公・ソフィーが帽子を作っているシーンです。

 個人事業者や会社には、税務調査が行われます。一般的には事業を開始して4年めに行われることが多いと言われますが、20年間行われないこともあるし、毎年調査の連絡が来ることもあります。業種や規模、前回調査の結果などによって、調査の頻度は異なります。

 この帽子屋さんは、帽子を仕入れるのではなく、従業員に作らせて販売しています。費用収益対応の原則があるので、この帽子の原材料の購入代金は、帽子を販売した年の経費となります。原材料を買ってすぐに経費にしてはいけません。売ってから経費にします。また、年末や決算期末には、棚卸商品として計上します。

 気になるのは、奥にある針刺しや頭部のトルソー。こちらは販売用ではないと考えられるので、買ってすぐに経費にできます。ただし、購入金額が30万円を超える場合は、減価償却資産になるので、耐用年数に渡って少しずつ経費にします。

  • ソフィーの帽子屋にも税務調査が来る可能性がある
  • 帽子を作って売る場合は、帽子の原材料の購入代金はすぐに経費にできず、その帽子を販売した年の経費になる
  • 帽子に必要な道具は買ってすぐに経費に計上できる

おばあさんになったソフィーが年金を受け取っていたら?

『ハウルの動く城』の世界に税金があったら? 「年金にも確定申告が必要だと知って驚くソフィー」

 次は、ソフィーが年老いた自分の姿に驚くシーンです。このシーンは「年金にも確定申告が必要だと知って驚いているおばあさん」にも見えてきますね。

 年間400万円以上の年金を受け取っていると、確定申告が必要です。会社員やパート・アルバイトであれば、毎月のお給料から所得税を源泉徴収されても、会社が12月に年末調整をしていくらかのお金を還付してくれますが、年金には年末調整がありません。

 そのため、2月16日〜3月15日の確定申告期間に税務署に行くか、自宅のパソコンやスマホで確定申告をしなければいけません。

 パソコンやスマホでの確定申告には、マイナンバーカードが必須になります。最近のスマホは、マイナンバーカードを読み取れる機能が備わっていることが多いので、その場合は読み取るためのカードリーダーを購入する必要はありませんよ。

  • 年間400万円以上の年金には確定申告が必要
  • パソコンやスマホでの確定申告にはマイナンバーカードが必要

ハウルが「動く城」を自宅兼事務所として使っていたら?

『ハウルの動く城』の世界に税金があったら? 「自宅兼事務所」

 タイトルにもなっている「動く城」は、さまざまな部屋があるので「自宅兼事務所」として使えるかもしれません。実際に、個人事業者が住んでいる自宅の一部を事務所として使用することや、会社が社長の自宅を本店所在地として登記することはよくあります。

 この城がもし賃貸であれば、その毎月の賃料すべてを経費にすることはできません。自宅部分と事務所部分を明確に分けて、事務所として使用している部分の割合を計算して、その部分のみを経費にします。

 ハウルの動く城の中には、ハウルの魔法使いとしてのオフィスや従業員のワークスペース、従業員が居住する寮などがあり、ハウルの自宅部分はそれほど広くなさそうですが、一般的なワンルームを自宅兼事務所にする場合は、専有部分の3割から5割ほどを事務所として使用することが多いようです。こうした自宅兼事務所の場合は、決して家賃の10割を経費にしてはいけません。

  • 賃貸を「自宅兼事務所」にする場合、料すべてを経費にすることはできない
  • 事務所として使用している部分の割合の計算が必要

 アニメの中にも、税法上の取扱いを考えられるシーンがたくさんあります。みなさんのお気に入りのアニメも、「税法上はどういった扱いを受けるのか?」を考えてみると、いろいろな発見があるかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」