ニュース
» 2020年10月30日 12時00分 公開

「乗り心地よさそう」「料理おいしそう」 日本製の高速列車「あずま」がイギリスで活躍中(1/2 ページ)

日本製の車両は英国でも好評のようです!

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 英国の東海岸を「あずま」が駆け抜ける! 日本生まれの高速列車が、新幹線に負けない走りとサービスで活躍しています。

LNER Azuma First Class Review

 動画は世界各国の鉄道を紹介するYouTubeチャンネル、Dylan's Travel Reportsによるもの。ロンドンから北東イングランド、スコットランドのエジンバラに至る高速列車「Azuma(あずま)」を紹介しています。

 Azumaは、日立製作所が製造する特急型車両「Class800シリーズ」(関連記事)のうち、「ロンドンノースイースタン鉄道(LNER)」が運行する車両の愛称です。東海岸線を走る列車であり、日本語の「東」が名前の由来。2019年5月に営業運転を開始しました。

鉄道 海外 YouTube イギリス あずま ファーストクラスは内装もサービスも素敵! (YouTubeより

 動画はスコットランドのインバネス駅から乗車したところから始まります。新幹線のグリーン車に相当するファーストクラスに乗っているようです。大きなテーブルや柔らかそうな座席、落ち着いた雰囲気の内装、高級感があり、とても快適そうです。

 ファーストクラスでは食事の提供もあります。英国らしいイングリッシュブレックファストがとてもおいしそうです。

鉄道 海外 YouTube イギリス あずま 黄、赤、白の塗装が特徴的なAzuma。普通席に相当するスタンダードクラスは赤を基調とした明るい座席になっている(ロンドン・ノース・イースタン・レールウェイ公式Webサイトより
鉄道 海外 YouTube イギリス あずま 側面に書かれる「AZUMA」のロゴ(YouTubeより
鉄道 海外 YouTube イギリス あずま ファーストクラスで提供された朝食(YouTubeより

 Azumaの運行最高速度は時速200キロ(仕様上では時速220キロ)。電化区間ではパンタグラフから集電して、非電化区間では搭載するディーゼルエンジンで発電して走ります。日本では珍しい方式ですが、JR東日本のクルーズ列車「TRAIN SUITE 四季島」(関連記事)が採用しています。

 インバネス駅からイングランドのダーリントン駅までの所要時間でおよそ5時間30分。乗車時間はやや長めになりますが、東海岸の景色や都市の街並みを眺めていると退屈せずに過ごせそうです。

鉄道 海外 YouTube イギリス あずま イギリス東部の景色を眺めながら時速200キロで走る(YouTubeより
鉄道 海外 YouTube イギリス あずま 主要な都市を結ぶ(YouTubeより

 動画コメントには「シートがしっかりしている」「乗り心地よさそう」「料理がおいしそう」「乗ってみたい」など、英国在住の日本の方も「静かさ、揺れ具合、シートどれを取ってもなじみのある(新幹線と同じ)感覚」とコメントしています。日本製の車両は英国でも好評のようですね!



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10