小林麻耶、騒動後初の動画は夫婦で“16分瞑想” 番組出演者からは「いじめ無理」「ジャッジできない」の声(1/2 ページ)

TBS側も小林さんの主張を否定。

» 2020年11月13日 13時00分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]

 フリーアナウンサーの小林麻耶さんが11月13日にYouTube「コバヤシテレビ局」で生配信を実施。大きな騒動を引き起こした「グッとラック!」(TBS系)スタッフのいじめ疑惑には一切言及せず、夫で整体師のあきら。さんと終始仲よく瞑想(めいそう)しています。

動画が取得できませんでした
コバヤシテレビ局#12

 小林さんは12日、「グッとラック!」スタッフのいじめに耐えかね、予定されたロケを欠席したため、番組放送前日となる11日午前に降板を言い渡されたと笑顔で主張。その後の番組には小林さんの姿がなく、番組公式ページのレギュラー出演者欄からも画像と名前が消えていました。

小林麻耶 グッとラック! 降板 いじめ TBSスタッフのいじめを明るく主張していた小林さん(画像は過去記事から)

 「告発」を受けたTBS側は、小林さんの番組降板を認める一方で、いじめの事実は完全否定。また、小林さんの所属事務所「生島企画室」も公式サイトを通じて、「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」ことを理由に、12日付でマネジメント契約を終了することを急きょ発表しました。

小林麻耶 グッとラック! 降板 いじめ 契約終了を伝える事務所の声明文(画像は「生島企画室」公式サイトから)

 同事務所の最高経営責任者である生島ヒロシさんはパーソナリティーを務めるラジオ番組で、小林さんの契約終了に「本当に残念な形になってしまいましたね」とコメントし、「どうしてこういう展開になってしまったのか。僕は細かいことは実際、(本人からの)情報を受けてなかったんですよ」と、「グッとラック!」スタッフからの期待も大きかった中で起こったいざこざに大きく落胆した様子をみせました。

 騒動の渦中にある小林さんは翌朝、いじめ主張後初となる動画を公開。にこやかな笑顔で視聴者コメントに一通り応答した後は、あきら。さんの提案に従って、夫婦でなかよく約16分ほど目をつぶり、深呼吸しながらの瞑想に突入。

小林麻耶 グッとラック! 降板 いじめ 前日の騒動には触れず瞑想(めいそう)する2人(画像はYouTubeから)

 2人でリラックスしたひとときを過ごし、軽く拍手してお互いの頑張りをたたえ、和やかに手を振ってさよならを告げており、前日の発言には一切触れずじまいでした。

小林麻耶 グッとラック! 降板 いじめ 瞑想後は互いを激励(画像はYouTubeから)

 小林さんから詳細が明かされない中、「2ちゃんねる」元管理人の“ひろゆき”こと西村博之さんは12日、YouTube「ガジェット通信トークチャンネル1」に出演。「グッとラック!」水曜レギュラーを務める立場から、多人数での行動がTBS内では基本となるため、出演者とスタッフが2人きりになる状況がそもそも生まれにくいと自らの知るところを語った上で、「なかなか構造的にいじめ自体ができない気がするんですよね」「そもそも『いじめ無理じゃね?』って思ってた」と見解を語りました。

TBS『グッとラック』で小林麻耶さんがスタッフからイジメにあうのは無理じゃね?って話。

 また、同番組のメインコメンテーターを務める田村淳さんもYouTube「ロンブーチャンネル」をすぐに更新し、「朝の番組『グッとラック!』においていじめがあるというようなことはまずない」と、強い口調で自らの見解をコメント。しかし、視聴者から「いじめっていうのは見えないところで起こるからいじめなんだ」といった批判を多数受け、続いて公開した動画で、「(小林さんとTBS側)双方の意見の食い違いがあるので、確かに僕がそこを知りもしないのに『あった』とか『ない』とか言及するべきではないなと思いました」と謝罪。両者の言い分の真偽については、「僕はジャッジができない立場になります」とあらためて明言しています。

ひとつ前の動画を受けて…反省

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」