ニュース
» 2020年11月16日 20時00分 公開

「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き(1/2 ページ)

選考基準は「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の3点。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 NHKは11月16日、12月31日に放送する「第71回NHK紅白歌合戦」の出場歌手41組を発表。「香水」が特大バイラルヒットとなった瑛人さんや、オーディション番組からファンの心をつかみ、デビュー前にもかかわらず出場を決めた「NiziU」ら2020年を彩った新人の躍進が話題になる一方で、出場を逃したアーティストたちの反応も話題となっています。

紅白 歌合戦 NHK ゴールデンボンバー 鬼龍院翔 落選 Twitter ツイート AKB48 向井地美音 島津亜矢 出場 King Gnu YOASOBI DISH 出場歌手41組(画像はNHK紅白歌合戦公式Instagramから)

 エアバンド「ゴールデンボンバー」のフロントマン、鬼龍院翔さんは発表に併せて“内部の情報に詳しい複数の芸能関係者”からの情報をリーク、というていで自虐ツイートを投稿。「ゴールデンボンバーが第71回『NHK紅白歌合戦』への落選が内定したことが16日、分かった」とネットニュース調でファンに非出場を知らせました。落選が内定というパワーワード。

 ゴールデンボンバーは2012年から2015年まで連続で紅白出場を果たしたものの、以降の出場はなし。2019年末には4枚目のオリジナルアルバム「もう紅白に出してくれない」を発表し、開き直り切った態度が話題になりました。一部のファンからはネタのように扱われており「『もう紅白に出してくれない』なんてアルバム出すからですよ」「紅白に出してくれない第2弾出します?」との反応も。よく分かっているファンは「じゃあ大晦日は何しましょうか?」と次のアクションを早くも待ちきれない様子です。

紅白 歌合戦 NHK ゴールデンボンバー 鬼龍院翔 落選 Twitter ツイート AKB48 向井地美音 島津亜矢 出場 King Gnu YOASOBI DISH 有言実行というやつか(画像はAmazon.co.jpから)

 一方で2009年からの11年連続出場が途切れたのがAKB48。総監督の向井地美音さんは「先輩方が繋いだバトンを私たちの代で止めてしまった」として「不甲斐ない」とツイート。グループを背負う立場として悔しさをにじませながらも「今までの歴史に甘えず、今度こそ私たちが新しいバトンを渡せるように頑張る」と2021年へ向けて決意を新たにしています。


 国民的一大行事である一方で、枠が限られている紅白歌合戦。出場を巡りファンが喜びや不満をツイートし、アーティスト名がTwitterでトレンド入りするのがもはや恒例行事となっています。2020年は“アニソン界の大型新人”こと歌手生活40周年にして3度目の出場を決めた鈴木雅之さんや、国際的評価も高い「BABYMETAL」の出場決定が事前に話題になった一方で、全出場者が明らかになると出場を逃したアーティスト名が急上昇。特に若手から「YOASOBI」「King Gnu」「DISH//」「BiSH」「IZ*ONE」らのグループ名がトレンド入りすることとなりました。なおNHKは公式サイトに選考基準として「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出」の3点を挙げています。

 出場がかなわなかったアーティストの落胆は大きく、2019年までに計6回の出場経験を持つ演歌歌手の島津亜矢さんは、発表から間もなく「ごめんなさい」とブログを更新。2018年、2019年は中島みゆきさんの楽曲をカバーし話題となりましたが、「私の力不足です」「皆さまに今年の締めくくりにあの舞台で、感謝の想いをお伝えすることができないことだけが、今とても申し訳ない」とファンにわびています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる