ニュース
» 2020年11月23日 12時30分 公開

オンラインクレーンゲーム「トレバ」巡り被害プレイヤーが告発 運営会社を取材(5/6 ページ)

[Kikka,ねとらぼ]

サイバーステップ社に2度目の取材

――「テストを必ず行い、事前に獲得可能なことを確認しております」とのことなのですが、「橋渡しに景品がはまり込んでアームが届かなくなる、傾斜によってアームが景品に届かないなどの状況」からどのようにすれば景品が獲得できるのでしょうか。またその場合プレイヤーはどうすることが最善なのでしょうか。あらためてご回答をお願い致します。

サイバーステップ「トレバ」では、他のプレイヤーのプレイ画面を閲覧することができます。そのため、事前にアームの可動域を確認していただくことが可能となっております。クレーンゲームの特性上、意図しない位置に景品が動いてしまう場合もありますので、そうした場合はお問い合わせフォームよりご連絡いただきますようご案内しております。

――「不具合が確認できましたら、お客様にポイントを返還させていただいております」とのご回答ですが、実際にアームが下降しない不具合台に対してプレイヤーが問い合わせた際、運営チームから補填しない旨が明示されたメールが送付されているようです。「課金前に筐体の異常を確認する方法」についてあらためてご回答をお願いします。

サイバーステッププレイ開始前からアームが下降した状態のままになっている場合等、不具合が課金前に見て取れる状態につきましては、事前判断が可能であるとしてご記載の内容の返答を行うこともございます。一度でもプレイした上で、不具合が発生した際につきましては、補填対応を行っております。

 事前に筐体の不具合を検知するような仕組みに関しては、内部的な開発は行っておりますが、ユーザー向けの内容はまだ表に出せる状態ではありませんので、引き続き開発を進めて参ります。

――連続プレイ中の設定変更について「どれぐらいの期間、どれぐらいの数のプレイヤーに行われていた」のかをご回答頂けますと幸いです。また個別に連絡をとのことですが、「トレバ」側から顧客に対して連絡を取っているのでしょうか。顧客からの問い合わせで問題が発覚した形でしょうか。

サイバーステップ連続プレイ中の設定変更に関しましては、稀にお問い合わせを頂いているのみで、定常的に発生しているものではございません。また、プレイ中の設定変更は行わないとルール化して運用しております。ルールの徹底化の部分をより強化し、今後このような内容が発生しないよう努めて参ります。

 個別連絡に関しましては、主に弊社側から検知して該当のユーザー様へご連絡する場合がほとんどですが、ユーザー様から頂いたお問い合わせによって発覚した場合もございます。

――景品が底部についていない場合でも獲得になることはありませんでしょうか。

サイバーステップ景品の稼働している筐体によっては、直接景品を落とさなくとも獲得となる場合もございます。景品のタグに関しては、タグの引っかかりによって景品が意図せず固定されてしまった場合、またはクレーンが開いてもアーム(爪の部分)にタグが引っかかり落下しなかった場合に関しまして、引っかかりが発生してしまったプレイ時点での獲得とさせていただいております。

――プレイヤーにあらためて確認したところ、開封済み景品が届く場合があるとの声があります。原則としてということは、何らかの事情で開封済みとなってしまう場合はありますか。

サイバーステップ弊社側で開封を行っているという事実はなく、景品によっては入荷時点で開封されたような状態になっている場合も考えられます。その場合は、大変お手数ではありますが、該当ユーザーの方には箱に記載されているメーカー様の方へ直接ご連絡をお願いしております。


 「プレイ中の設定変更は行わないとルール化している」としつつも、ねとらぼ編集部の取材に対しても「スタッフがプレイ中の台の設定を裏で操作していたこと」について、認めたサイバーステップ社。こうした不正が具体的に何件発生したのかについての言及は避けられた形ですが、オンラインクレーンゲームの根底が覆されるような不正が複数件にわたって発生しており、それを公表していないという事実は悪質というほかありません

 またプレイヤーサイドへの回答と編集部への回答では内容が食い違うものもあり、「一度でもプレイした上で、不具合が発生した際は補填対応を行う」「タグの引っかかりによって景品が意図せず固定されてしまった場合引っかかりが発生してしまった時点で獲得とする」といったルールについては、今回の取材で明言されたことにより、本記事公開時点でかなりの件数の問い合わせが発生するのではと考えられます。

 ステイホームの影響で盛り上がりを見せていたオンラインクレーンゲームの知られざる闇。ねとらぼでは今後も「トレバ」を含むオンラインクレーンゲームに関する取材を続ける予定です。本記事で紹介した以外のトラブルに遭遇した方、「トレバ」に関する部署で働いていた方は、ねとらぼ編集部の公式Twitterに情報提供をお願い致します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10