ニュース
» 2020年11月26日 19時00分 公開

misono参戦決定で「Starry Heavens」トレンド入り バンナムフェス2nd出演者解禁で、ジャンルを超えた大騒ぎに

夜空を翔る流れ星を今、見つけられたら何を祈るだろう。

[Sachi.,ねとらぼ]

 「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル 2nd」が2021年2月6日・7日に開催決定。11月26日、出演者が解禁されました。同イベントは2019年に第1弾が開催され2日間で約10万人を動員。当初は2020年10月に第2弾が予定されていましたが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大の影響で中止になっていました。

バンナムフェス アイマス ラブライブ バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル 2nd(画像は『バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル 2nd』公式サイトより)
バンナムフェス アイマス ラブライブ 参加作品一覧

 通称「バンナムフェス」は、同社が誇る幅広いコンテンツの出演者や主題歌担当アーティストが総出演し、圧倒的なライブパフォーマンスを披露するエンターテインメントライブ。ラインアップには「アイドルマスター」「ラブライブ!」「アイカツ!」などバンナム発のアイドルシリーズや、25年の歴史を持つ人気ゲーム「テイルズ オブ」シリーズ、言わずと知れた「機動戦士ガンダム」シリーズが並んでいます。

 今回発表された出演者の中には、名曲として名高い「テイルズオブシンフォニア」の主題歌「Starry Heavens」を歌唱したmisonoさんの名前も。現時点で歌唱曲は発表されていないにもかかわらず「Starry Heavens」がトレンド入りするまでの大騒ぎとなっています。みんな落ち着いて。


 また第1弾開催時には、西川貴教さんがサプライズで登場。「DRAMATIC NONFICTION」(アイドルマスターsideM「DRAMATIC STARS」)を、同作で天道輝役を演じる仲村宗悟さんとコラボ歌唱して話題になりました。現時点で全ての出演者が出そろったというわけでもなく公式サイトには「and more……」と記載されていることから「前回同様にもしかしたら何か起きるかも」と期待値は高まる一方です。


 発表から間もなくTwitterでは関連ワードが次々とトレンド入り。「バンナムフェス6日のmisono神に会いたい!!!!!!!!!!!! めっちゃ会いたい!!!!!!!!!!」「バンナムフェス2日目がマス、電音、西川ニキ、ラ!とか最強すぎでは?」とあちこちのジャンルから悲鳴があがっています。今回は両日配信も予定されているため「配信ありがたい……」とそれぞれの事情で現地参戦が難しいファンからは感謝の声も上がっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン