ニュース
» 2020年11月29日 18時15分 公開

「やっとFMCという感じ」「顔がコアラみたい(!?)」 カワサキの怪物バイク「Ninja ZX-10R」が進化して登場(1/3 ページ)

ゴリマッチョ感マシマシの「Z H2 SE」も。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 川崎重工業(カワサキ)が高性能スポーツバイクの刷新版「Ninja ZX-10R」「Ninja ZX-10RR」「Z H2 SE」を含む2021年モデル5種を発表しました。日本で2021年春発売予定です。

カワサキ ZX-10R カワサキ「ZX-10R」(2021年モデル)(Kawasaki 2021 Global Online Launchより、以下同) 

 Ninja ZX-10Rは、998cc並列4気筒のハイパワーエンジンを搭載し、高い走行性能を持つスーパースポーツモデル「Ninja ZXシリーズ」のフラグシップモデル。6年連続でスーパーバイク世界選手権のライダー/マニュファクチャラーズタイトルを獲得するベース車です。

 ZX-10Rの2021年モデルは、同社のモンスターモデル「Ninja H2」(関連記事)と同様に、“川崎重工グループの技術を結集した証”とする川崎重工のマーク「リバーマーク」を新たに装着。一体型ウイングレットや鋭い目付きになった小型のヘッドライトなど、Ninja H2を思わせる、より鋭く尖りつつ古き良きカラーのイメージも少し残した迫力のエアロスタイルに刷新しました。

 併せて、世界500台限定のホットモデル「ZX-10RR」も用意。ZX-10RRは、ZX-10Rからシングルシート化し、パンクル製チタンコンロッドと軽量ピストンでレブリミットを引き上げたチューンドエンジンを搭載します。

Ninja ZX-10R 一体型ウイングレットを備え、より鋭い迫力デザインに
Ninja ZX-10R ジオメトリーの刷新+サスペンションセッティングの最適化でコーナリング性能と軽快なハンドリング性能も高められた
Ninja ZX-10R ZX-10R メーター周り スマホ連携機能や電子クルーズコントロールなども新たに装備
Ninja ZX-10R
Ninja ZX-10R 500台限定のチューンドモデル「Ninja ZX-10RR」

 マッチョなネイキッドスタイルの「Z H2」(関連記事)には、電子制御サスペンションやブレンボ製モノブロックキャリパーを採用した「Z H2 SE」を投入します。

Z H2 SE KECSとブレンボ「Stylema」キャリパーを搭載したマッチョなスーパーネイキッド「Z H2 SE」
モトクロスタイプのKLX300 モタードタイプのKLX300SM 他にも、モトクロスタイプ「KLX300」やモタードタイプ「KLX300SM」も投入


フォトギャラリー

カワサキ ZX-10R Ninja ZX-10R Ninja ZX-10R Ninja ZX-10R Ninja ZX-10R Ninja ZX-10R Z H2 SE モトクロスタイプのKLX300 モタードタイプのKLX300SM カワサキ ZX-10R(写真:カワサキモータースジャパン、以下同) カワサキ ZX-10RR カワサキ Z H2 SE カワサキ Z H2 カワサキ Z H2 カワサキ Z H2 カワサキ Z H2 カワサキ Ninja ZX-10R カワサキ Ninja ZX-10R カワサキ Ninja ZX-10R カワサキ Ninja ZX-10R カワサキ Ninja ZX-10R カワサキ Ninja ZX-10R カワサキ Ninja ZX-10R カワサキ Ninja ZX-10R
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10