ニュース
» 2021年02月22日 18時00分 公開

【限界徹夜の体験談】「これが大人たちが作った会社なのか」 ブラック企業で約5カ月間、1日1〜2時間睡眠の生活をしていた人のお話(1/2 ページ)

精神的に追い込まれて眠れなくなり、病院では双極性障害と診断されたそうです。

[ねとらぼ]

 「徹夜はやめとけ」「寝たほうが良い」とよく言われますが、なぜなのか。それを考えるために、ねとらぼ読者から「限界まで徹夜してアカンことになった体験談」を聞いてみようという連載企画です。

 今回は番外編で、寝なかったというより眠れなかった体験談。「ブラック企業で精神的に追い込まれ、1〜2時間睡眠の生活を続けていた」というお話を伺いました。



「その後が怖かったので心を殺しながら出勤していました」

 以前勤務していた職場がブラックで、2020年初めに退職するまでの約5カ月間、ほとんど寝られない日々が続いていました。睡眠時間は1〜2時間程度。上司には日頃から「仕事ができないなら死んで」「まだ自殺してなかったんだ」などと人格否定されており、眠りに就いても似たような悪夢を見続けていたので、寝るのが怖くなっていたのもあると思います。

 特に2019年秋ごろには、上司の圧力や仕事のプレッシャーから1週間まるまる寝ずに働いていました。頭が妙にさえて「自分は何でもできる!」と万能感すら覚えましたが、まやかしなので大体失敗して周囲に迷惑を掛けていました。

 その一方、顔は土色になり、幻覚や幻聴も現れていました。通勤中、駅のホームで電車を待っていると、白い服を着た人物が男とも女ともつかない声で「早く死ね」と言い続ける幻覚が見え、怖くて無断欠勤も考えました。ですが、その後が怖かったので心を殺しながら出勤していました。

 そのような生活が続くうちに、私はOD(オーバードーズ)を繰り返すようになり、友人に半ばムリヤリ病院に連れていかれ、双極性障害と診断されました。

―― かなり追い詰められていたようですが、どんな職場環境だったのでしょうか?

 出勤は10時ということになっているのに7時に出勤したり、退勤も終電ギリギリだったり。前残業、残業ともに「自分の意志でやっていることだから」と残業代はもらえませんでした。いまだに納得がいきません。そもそも社内で報連相ができていなかったり、マニュアルもなかったり……これが大人たちが作った会社なのか、と。「信じられない」を超えて、笑いました。

 家族や親族の忌引きなどで休んだ人のことを「死んだくらいで休むなよ」と陰口する人たちもいて、職場の人間関係が嫌になりました。周りが信じられなくなりました。

 今は別の仕事をしているのですが、現在勤務している職場はみんな優しく、精神的に疲れることがほとんどありません。以前と比べて(以前がおかしかったのもありますが)かなり落ち着いた、安定した生活をしています。

 ただ、今でも視界の端に映る電柱やポールが人間に見えたり、怒鳴り声を聞くと冷や汗や手の震えが止まらなくなったり。当時のことを思い出して、眠れなくなる日もあります。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響