【限界徹夜の体験談】「これが大人たちが作った会社なのか」 ブラック企業で約5カ月間、1日1〜2時間睡眠の生活をしていた人のお話(1/2 ページ)

精神的に追い込まれて眠れなくなり、病院では双極性障害と診断されたそうです。

» 2021年02月22日 18時00分 公開
[ねとらぼ]

 「徹夜はやめとけ」「寝たほうが良い」とよく言われますが、なぜなのか。それを考えるために、ねとらぼ読者から「限界まで徹夜してアカンことになった体験談」を聞いてみようという連載企画です。

 今回は番外編で、寝なかったというより眠れなかった体験談。「ブラック企業で精神的に追い込まれ、1〜2時間睡眠の生活を続けていた」というお話を伺いました。



「その後が怖かったので心を殺しながら出勤していました」

 以前勤務していた職場がブラックで、2020年初めに退職するまでの約5カ月間、ほとんど寝られない日々が続いていました。睡眠時間は1〜2時間程度。上司には日頃から「仕事ができないなら死んで」「まだ自殺してなかったんだ」などと人格否定されており、眠りに就いても似たような悪夢を見続けていたので、寝るのが怖くなっていたのもあると思います。

 特に2019年秋ごろには、上司の圧力や仕事のプレッシャーから1週間まるまる寝ずに働いていました。頭が妙にさえて「自分は何でもできる!」と万能感すら覚えましたが、まやかしなので大体失敗して周囲に迷惑を掛けていました。

 その一方、顔は土色になり、幻覚や幻聴も現れていました。通勤中、駅のホームで電車を待っていると、白い服を着た人物が男とも女ともつかない声で「早く死ね」と言い続ける幻覚が見え、怖くて無断欠勤も考えました。ですが、その後が怖かったので心を殺しながら出勤していました。

 そのような生活が続くうちに、私はOD(オーバードーズ)を繰り返すようになり、友人に半ばムリヤリ病院に連れていかれ、双極性障害と診断されました。

―― かなり追い詰められていたようですが、どんな職場環境だったのでしょうか?

 出勤は10時ということになっているのに7時に出勤したり、退勤も終電ギリギリだったり。前残業、残業ともに「自分の意志でやっていることだから」と残業代はもらえませんでした。いまだに納得がいきません。そもそも社内で報連相ができていなかったり、マニュアルもなかったり……これが大人たちが作った会社なのか、と。「信じられない」を超えて、笑いました。

 家族や親族の忌引きなどで休んだ人のことを「死んだくらいで休むなよ」と陰口する人たちもいて、職場の人間関係が嫌になりました。周りが信じられなくなりました。

 今は別の仕事をしているのですが、現在勤務している職場はみんな優しく、精神的に疲れることがほとんどありません。以前と比べて(以前がおかしかったのもありますが)かなり落ち着いた、安定した生活をしています。

 ただ、今でも視界の端に映る電柱やポールが人間に見えたり、怒鳴り声を聞くと冷や汗や手の震えが止まらなくなったり。当時のことを思い出して、眠れなくなる日もあります。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評