ニュース
» 2020年12月02日 19時30分 公開

「バスだよね」「お子さま電車かな?」「いや、ムルティプラだ」 イギリスを走るミニミニ気動車「Class 139」が何かに似ている (1/2)

何か親しみを覚えるかわいいデザインです。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 見た目もサイズもバスみたい……! 英国のある鉄道路線に、線路よりも道路の方が似合いそうなかわいい車両が走っています。

鉄道 海外 YouTube イギリス ディーゼルカー バス シャトルバスのような小型サイズの軽量気動車「Class 139」。見たことあるかも、何かに似ている……と親しみを覚えるデザイン(Trains TrainsTrains/YouTubeより、以下同)
The Stourbridge Shuttle (Trains TrainsTrains)

 ここはイングランド中部のスタウア(ストア)ブリッジ・タウン(Stourbridge Town)支線。登場するのは「Class 139(139型気動車)」という長さ約9.6メートルの軽量気動車です。全長1.3キロの短い区間を、このかわいいデザインのClass 139が活躍しています。

 Class 139は2009年に営業運転を開始した「ハイブリッド」車両。ディーゼルエンジンに加えて、フライホイールによるエネルギー貯蔵システムを備えます。減速時に運動エネルギーを蓄えてそのまま加速に用いることで、エンジンや車両の小型化と効率化を図っています。けっこうハイテクです。

鉄道 海外 Class139 車体サイズはよくある路線バスより少し大きいくらいで、白と黄色のポップな車体色が親しみやすさに寄与している
鉄道 海外 YouTube イギリス ディーゼルカー バス 車庫もかわいい。海外の大きな家のガレージ……くらいの感じの車庫から出庫
鉄道 海外 YouTube イギリス ディーゼルカー バス 出庫時に2両が連結した珍しい様子も
鉄道 海外 YouTube イギリス ディーゼルカー バス 運転台は前後両方にあるので、転車なしに運行可能(YouTubeより

 動画には「バスがレールの上を走っているみたい」「わぉ、こんな車両があるのを知らなかった」などの驚きコメントが多数。それらの中にふと「鉄道のムルティプラだ」といった声も挙がっていました。

 そ、それだ……!! 丸いお目々のライト部周りが、海外のメディアで「The World's Ugliest Car(世界一醜いクルマ)」として認定されたこともある、伝説級ブッ飛びデザインで愛される名車「フィアット・ムルティプラ」に似ています。思わず乗りに行きたくなるかわいさですね。

photo (参考)フィアット・ムルティプラ(Photo:Rudolf Stricker


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10