ニュース
» 2020年12月04日 19時10分 公開

上原さくら、積み重なる育児負担で「肉体的には不調多し」 “ダメ母”“ダメ親”との声恐れて周囲に愚痴れず

誰にでもありそうなことで怖い。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 タレントの上原さくらさんが12月4日に自身のブログを更新し、家事や育児に追われる毎日に疲れ切ってしまったことを告白。「なにもしたくない」など本音を漏らして、「ダメ母」「ダメ親」だと思われてしまうことが何よりつらいとも語っています。

上原さくら 育児 生まれたばかりの長女と2ショット(画像は上原さくらオフィシャルブログから)

 上原さんは「正直いうと、毎日何回か疲れた…と思ってしまいます」と、育児や仕事から来る消耗ぶりをまず報告。1年半ほど前とは違い、何も考えずに過ごせるような「ヒマな時間」が全く残されていない状況を嘆く一方、「お母さんなんだから、当たり前じゃん!」という考えにとらわれて苦しい胸の内を明かすことも避けてきたとつづっています。

 上原さんは「疲れた」「なにもしなくない」と訴えることで、周囲から「ダメ母なんじゃないか」「ダメ親なんだ」とのレッテルを貼られることをひどく恐れてきたと説明。仕事を休んで娘の面倒を見てくれる夫にも愚痴をこぼせないといい、「充実しているけれど、疲れがとれない」「精神的には満たされているけれど、肉体的には不調多し」と、現在置かれた健康状態を伝えています。

上原さくら 育児 上原さんに代わって娘の面倒を見る夫(画像は上原さくらオフィシャルブログから)

 4月に第1子女児を出産した後、多忙な毎日を送っていた上原さん。娘が生後6カ月を迎えた10月には、夫に育児を任せてしばしの自由時間を満喫しつつ、「どこか子供を置いて友達とお茶やご飯に行く母親は、悪い母親だと思い込んでしまっていた部分もあります」と、自分の思い描く母親像に縛られていたことを告白。「気分転換をした方がいいに決まってる!」と、息抜きを考えなかった生活ぶりを反省していたこともありました。


 育児にまつわる赤裸々な告白を受けたファンからは、「完璧なお母さんいないから!」「みんなサラリとこなしているように見えて、何かしら、こじらせていますよ」と、上原さんと同じような悩みをみんな抱えているとする声が続出。また、「愚痴ることは恥ずかしくない!! ママ以前に、1人の人間だもの!!」と、我慢を重ねてきた上原さんを優しく励ます人もみられます。

上原さくら 育児 退院時の2ショット(画像は上原さくらオフィシャルブログから)

関連キーワード

子育て | ブログ | 疲労 | 告白 | 仕事 | 子供 | 芸能人 | 健康


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10