ニュース
» 2020年12月05日 19時15分 公開

重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」 (1/2)

体調について不安視する声が寄せられていました。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 俳優の佐藤浩市さんが12月4日、TBSのバラエティー番組「ぴったんこカン・カン」に出演。“激やせ”した理由について、あらためて説明しました。


 3月にネットでとても痩せたように見える姿が話題となり、ファンからは「役作りなのかなぁ。体調大丈夫かなぁ」「えっ佐藤浩市さんどうしちゃったの…」と心配する声が寄せられていた佐藤さん。その後、一部報道で痩せた理由について、大腸ポリープの手術と、寄生虫のアニサキスにあたったことで食事ができなかったためと説明していました。

 佐藤さんは、12月4日に放送された「ぴったんこカン・カン」へ石田ゆり子さん、西島秀俊さんとともに出演。激痩せしたことについて、石田さんも「心配しました。聞いちゃいけないような気もして……」と不安だったことを明かしており、佐藤さんは手術とアニサキスの件に加え、同時期に役作りのための減量だったことも説明。“現役時代とほとんど変わらない元ボクサー”を演じるため、体重を64キロにまで落とした結果だと重病説を否定しつつ、「ただ1回痩せると老けるね!」と自身の容貌の変化についてコメントしました。

 番組を見た人からは「大きい病気じゃなかったようでよかった…」「そりゃ痩せる」と安堵(あんど)する声の他、痩せた理由を番組内で明かす佐藤さんの姿に、「本人の口から聞けて安心した」「バラエティで話題にしてもらえて、腫れ物じゃないことがわかって安心した」との感想も寄せられています。

佐藤浩市 ぴったんこカン・カン 大腸ポリープ アニサキス 減量 役作り 2021年3月26日公開予定の映画「騙し絵の牙」にも出演(画像は映画「騙し絵の牙」公式サイトから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.