ニュース
» 2020年12月07日 20時30分 公開

「M-1」公式動画にCreepy Nuts「板の上の魔物」が起用 「MADを待っていたら公式が来た」「激アツ展開すぎる」と大絶賛

漫才ドラマ「べしゃり暮らし」のテーマ曲。

[Sachi.,ねとらぼ]

 漫才日本一を決める賞レース「M-1グランプリ」が12月6日、20日に開催される決勝戦へ向けた告知動画をYouTubeに公開。BGMにCreepy Nutsが歌う「板の上の魔物」を起用した映像が「バチくそカッコイイ」「ドンピシャ……良すぎる」と反響を呼んでいます。歌詞の世界観がピッタリなんだよなぁ。

M-1は、止まらない。/♪Creepy Nuts「板の上の魔物」
M-1グランプリ Creepy Nuts かっけー(画像はYouTubeから)

 「板の上の魔物」はテレビ朝日系列で放送されていたドラマ「べしゃり暮らし」のオープニングテーマとして、Creepy Nutsが原作を熟読して書き下ろした楽曲。若き漫才コンビの奮闘と成長を描いたストーリーに、Creepy Nutsの2人の「HIPHOPやラップ、ラジオを含め“喋り”を仕事にしている所に通ずる感覚がある」という思いが重なるリリックと、中毒性のあるトラックがガチっとはまり話題を呼びました。

M-1グランプリ Creepy Nuts 「板の上の魔物」収録の「よふかしのうた」(画像はAmazon.co.jpから)

 告知動画公開後には「板の上の魔物」がTwitterでトレンド入り。“若手漫才師”をテーマに書き下ろされた楽曲が、最高の漫才を巡って競い合う「M-1グランプリ」の告知動画に使用されるという、フィクションと現実世界のコラボレーションに「板の上の魔物はハマりすぎ!!」「ここでCreepy Nuts来るの熱すぎて驚きが隠せない」と絶賛の声が多数。粋な選曲に「漫才への深い愛が感じられる選曲……もう言うことない……」という感動の声も聞かれました。

 ドラマの原作となった漫画『べしゃり暮らし』を手掛ける森田まさのりさんも、Twitterで「泣ける。よくぞ、べしゃり暮らしの主題歌に」と感動をあらわにし、DJ松永さんも「板の上の魔物」使って頂きました!! 皆さん是非ご覧ください!!!」とツイートしています。

漫才から一転、頂点を極めたCreepy Nutsが架空のワールドツアーを行う様子を描いたドキュメンタリー風MV
M-1グランプリ Creepy Nuts 頂点の男は毛皮を羽織って小型犬を飼う(画像はYouTubeから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.