ニュース
» 2020年12月11日 22時00分 公開

これが猫と暮らす理想と現実……! あらゆる場面の“猫あるある”を描いたイラストに共感の声が寄せられる

だってお猫様だもん。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 猫ちゃんと暮らすときの「理想」と「現実」のギャップを描いた「世界一役に立たない猫の飼い方テク」というツイートに、多くの共感の声が寄せられています。


世界一役に立たない猫の飼い方テク キャットウォークを作ったときの理想と現実

 紹介されているのは4つの場面。キャットウォークを作ったときの「理想」には、猫ちゃんが軽快にステップを上がる様子が描かれています。

 一方の「現実」には、カーテンレールからエアコンの上に飛び乗るという、とんでもない独自通路を開拓する猫ちゃんの姿が。猫の身体能力恐るべし。

 すてきな猫グッズを買ったときには、グッズ本体ではなく梱包用のダンボールの方を気に入ってしまう猫ちゃん。“芸”を教えようとしても“しつけ”をしようとしてもうまくいかず、「諦めましょう」というアドバイスがむなしく響きます。


世界一役に立たない猫の飼い方テク すてきな猫グッズを買ったとき
世界一役に立たない猫の飼い方テク 芸を教えようとしたとき
世界一役に立たない猫の飼い方テク しつけをしようとしたとき

 面白いのは猫ちゃんに「ガブッ」とかまれてしまい「ありがとうございます」「本当にありがとうございます」とお礼を言っているシーン。かまれることを“ごほうび”と受け止める、猫飼いさんの心理が伝わってきます。

 このイラストを投稿したのは、ミカサにゃんの飼い主(@MikasaLove611)さん。リプライ欄には「だってお猫様だもん」「うちの子は○○までは覚えてくれました」「『ありがとうございます』になるの、よく分かります」といった声が寄せられています。

 こちらのお宅で暮らしている三毛猫のミカサにゃんは、ピアノで“猫ふんじゃった”を演奏すると全力で阻止してくることで話題になった猫ちゃん。別の投稿には、かわいらしいくつろぎポーズや、新しい爪とぎより気に入った“あるもの”、“猫ふんじゃった”以外の曲を聞いたときの反応などが紹介されています。

 ミカサにゃんと飼いさんのラブラブな日々は、ブログ「三毛猫ミカサの飼い主手帖」でも見られます。



画像提供:ミカサにゃんの飼い主(@MikasaLove611)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.