ニュース
» 2020年12月14日 00時00分 公開

『チェンソーマン』アニメ化決定! 制作は「ドロヘドロ」「呪術廻戦」のMAPPA、藤本タツキ先生も大歓喜

うおおおおお!

[川上酒乃,ねとらぼ]

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『チェンソーマン』がアニメ化することが分かりました。原作者の藤本タツキさんは、アニメ化決定に喜びのコメントを寄せています。

チェンソーマン アニメ化 このマンガがすごい 藤本タツキ ティーザービジュアル (C) 藤本タツキ/集英社・MAPPA

 『チェンソーマン』は藤本さんが手掛けるアクション・ダーク・ファンタジーで累計発行部数が500万部を突破している話題作。宝島社が10日に発表した「このマンガがすごい!」の「2021 オトコ編」では堂々の第1位に輝いており、14日発売の『週刊少年ジャンプ』で最終回を迎える予定です(関連記事)。

チェンソーマン アニメ化 このマンガがすごい 藤本タツキ 原作コミック1巻カバー(画像はAmazon.co.jpから)

 物語は、親が遺した借金返済のため食べる物にも困るほど“ド底辺”な生活を送っているデビルハンターの少年・デンジが、「チェンソーの悪魔」でありながらもキュートな見た目のポチタと支え合いながら暮らしているところからスタート。あるとき、デンジは雇い主の裏切りから殺されてしまいますが、ポチタと契約し、チェンソーマンとして復活。その後、多くの仲間との出会いを経て、恋や裏切りなどさまざまな経験をしながら人間的に成長していきます。

 アニメ化の決定に、藤本さんは「ドロヘドロと呪術廻戦のパクりみたいなチェンソーマンをドロヘドロと呪術廻戦のアニメ制作会社がやってくれるんですか!?」と、過去にTwitterで見るのが「楽しみ」だとツイートしていたアニメ「ドロヘドロ」や、同じ『週刊少年ジャンプ』で連載中の『呪術廻戦』のアニメ版を手掛けたMAPPAがアニメ制作を担当することに興奮。「そりゃもう何も言う事ないじゃないですか!!」と歓喜し、「どうかよろしくお願いします!!」と真摯(しんし)にコメントしていました。

 MAPPAの担当者も「何としてもMAPPAが映像化したいと、心の底から願っていました」と、念願かなっての決定だったことを告白。「『チェンソーマン』の映像化を待ち侘びた世界中のファンの皆様に、スタジオの威信をかけて最高のアニメーションをお届けしたいと思います」と熱い思いをメッセージにしています。

藤本タツキさんのコメント

ドロヘドロと呪術廻戦のパクりみたいなチェンソーマンをドロヘドロと呪術廻戦のアニメ制作会社がやってくれるんですか!? そりゃもう何も言う事ないじゃないですか どうかよろしくお願いします!!



MAPPAのコメント

何としてもMAPPA が映像化したいと、心の底から願っていました。『チェンソーマン』の映像化を待ち侘びた世界中のファンの皆様に、スタジオの威信をかけて最高のアニメーションをお届けしたいと思います。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」