ニュース
» 2020年12月16日 16時15分 公開

本物にひたすら忠実 電車が好きすぎて「運転台」を手作りしちゃった猛者がすごい なお現在はネコ様の住処となっているもよう (1/2)

鉄オタじゃなくてもびっくり。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 電車が好きすぎて、自宅に本物そっくりの「運転台」を手作りしちゃった猛者が、Twitterで注目を集めていました。まるで博物館などにあるシミュレーターのような圧倒的な再現度の高さに、驚きの声が上がっています。

自作運転台 自宅に“手作り運転台”を設置しちゃった!

 手作りの運転台を紹介したのは、Twitterユーザー・ricefield(@ricefield77)さん。本物の電車に乗り込んで撮影したと言われても信じてしまいそうなクオリティの作品です。

 この運転台は阪急電鉄の車両がモデルとなっており、実際の図面をもとに、寸法も忠実に合わせて、できるだけ同じレイアウトで再現。メーター類やレバーなど、各パーツは廃車から取り外されたものを、購入して取り付けているそうです。

 運転台の外枠は、主に木材が使われており、マスコンや保安装置、座席など、実際に車両で使われていたものを設置しています。

 製作時に一番苦労したのは、ブレーキ弁の固定。ricefieldさんの運転台では、右手側のハンドルがブレーキ弁です。鉄の鋳物のようにかなり重いパーツですが、結果的にはテコの原理を使って、裏側に支柱を伸ばして固定しているそうです。

 現在、運転台は猫さんの住処と化しており、ricefieldさんいわく「電車型ネコハウス」となっているそうで、「猫は電車なんて知らないので、なんだか不思議な物があるぞ」という感じで、マイペースに日々を過ごしているようです。

自作運転台 猫さんが暮らしているそう
自作運転台 車内が少し気になる様子

 ricefieldさんの手作り運転台については、自身でまとめたTwitterのモーメントが公開されており、運転台の裏側や、転換クロスシートが動作する動画なども紹介されています。

大泉勝彦

画像:ricefield(@ricefield77)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン