ニュース
» 2020年12月29日 09時00分 公開

新津駅「箱入りむす美」(820円)〜米坂線へ直通! 快速「べにばな」

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 新津駅「箱入りむす美」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 新津駅「箱入りむす美」(820円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年2月17日)

駅弁 キハ110系気動車・快速「べにばな」、白新線・早通〜豊栄間

東京朝イチの上越新幹線「とき301号」を待ち受けて発車する秋田行の特急「いなほ1号」の後を追って、2両編成のディーゼルカーがやって来ました。

この列車は、新潟〜米沢間を白新・羽越・米坂線経由で結んでいる快速「べにばな」号。

新潟を出ると豊栄、新発田、中条、坂町の順に停車し、米坂線内は各駅に停まります。

新潟を8:40に発った列車は米沢11:31着、約3時間ののんびりとした旅が楽しめます。

駅弁 キハ52形気動車・快速「べにばな」(2009年撮影)

「べにばな」は、昭和35(1960)年から新潟〜仙台間を米坂線経由で結んだ準急「あさひ」にルーツがあり、昭和57(1982)年に「あさひ」が上越新幹線の愛称となった際、山形の県花にちなんで「べにばな」に改称されました。

その後、運転区間が山形、米沢と短縮されて快速列車となり、現在に至ります。

平成21(2009)年で国鉄形気動車が引退し、現在はキハ110系気動車がメインです。(参考)米坂線整備促進期成同盟会ホームページ

駅弁 箱入りむす美

さて、「とき301号」から「べにばな」へ乗り継ぐのは、朝8時台。

朝からガッツリとした駅弁はチョット…という方も多いはずです。

そんな午前中のおでかけにピッタリなのが、「三新軒」の「箱入りむす美」(820円)。

おなじみ三新軒の鮭の焼漬が、おむすびになった“箱入り”の駅弁です。

社員さんが描いたという掛け紙も、可愛らしくていいですよね!

駅弁 箱入りむす美

【おしながき】

  • おむすび(新潟県産コシヒカリ、鮭の焼漬、海苔)
  • 甘えびフライ
  • 玉子焼き
  • 煮物(がんもどき、れんこん、にんじん)
  • 海藻サラダ
  • 赤かぶの酢漬け
駅弁 箱入りむす美

おむすびをイメージしたという掛け紙を外すと、少し大きめのおむすびが登場。

その真ん中には、鮭の焼漬がほぐし身になって、ぎっしり詰まっています。

手焼きの玉子焼きや煮物をはじめとしたおかずも少量ずつ入っているので、しっかりお腹も満たされる印象。

新幹線で東京までの2時間を過ごすにも、ちょうどいい分量の駅弁です。

駅弁 キハ110系気動車・普通列車、米坂線・中郡〜成島間

米坂線の小国駅では、3月31日までの予定で「米坂線で冬を楽しもう! SNSへアップしようキャンペーン」を行っています。

米坂線沿線の風景や山形・小国町の風景を撮ってSNSにアップし、小国駅の駅員さんに、投稿した画面を提示すると、ちょっとした「プレゼント」があるのだそう。(なくなり次第終了)

冬景色をのんびりと楽しむには、最高の米坂線です。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

【訂正 2020年12月30日18時】初出時、掲載画像に不備による相違がありました。お詫びして訂正いたします。お知らせいただきました読者の方、誠にありがとうございます


おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン