ニュース
» 2021年01月05日 15時22分 公開

なんと124年ぶり 2021年の節分は「2月2日」に

間違えないように注意しましょう。

[関口雄太,ねとらぼ]

 2021年の「節分」は、明治30年(1897年)以来124年ぶりに「2月2日」になります。国立天文台のサイトでその理由について詳しく解説しています


なんと124年ぶり 今年の節分は「2月2日」に 節分は立春の前日(画像は国立天文台ホームページより引用

 節分は立春の前日。ほとんどの年で「2月3日」がその日に当たります。ですが立春は「2月4日」に固定されたものではなく、3日や5日に変わることがあります。

 季節は春夏秋冬と変化しますが、春分や秋分といった二十四節気(および雑節)に分けて、その変化を表現しています。季節が変化する理由は、地球が傾いた状態で公転しているため。例えば日本では、北極側が太陽を向く時期は夏、南極側が太陽を向く時期は冬となります。

 地球が太陽の周りを1周すると1年ですが、1周にかかる時間は厳密には365日ではなく365日と約6時間かかります。わずかなズレを調節するためにうるう年がありますが、地球が立春の位置を通過する時間単位で見るとわずかにゆらぎがあるため、立春の日付が前後します。立春の日付が前後することにあわせて、前日の節分も動くことになるので、「2月4日」や「2月2日」になります。

 「2月2日」の節分は、2022年に「2月3日」へ戻りますが、2025年から4年ごとに再び2月2日が続き、今世紀末にかけて頻度が増えていくとされています。

※初掲載時、節分は2023年以降に「2月3日」に戻るとしていましたが、2022年の誤りでした。お詫びして訂正致します。


なんと124年ぶり 今年の節分は「2月2日」に 立春の推移(予測を含む)(画像は国立天文台ホームページより引用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.