ニュース
» 2021年01月15日 14時30分 公開

いま、リセールバリューが最も高いバイクは何? バイク王がTOP10発表(1/2 ページ)

大型二輪は「Z900RS」、原付二種は「CT125ハンターカブ」、総合トップは……?

[カナブンさん,ねとらぼ]

 バイク販売買い取り店のバイク王が1月12日、バイクの「2021年1月版リセール・プライスランキングTOP10(2020年9月〜11月集計)」を公開。総合トップは「ヤマハ・SR400」となりました。

バイク王 ヤマハ「SR400」

 リセールプライス(リセールバリュー)とは、再販時の価格・価値を示す指標のこと。バイクにおいては中古車としての価値、需要の多さや人気の高さで上下します。リセールバリューが高い=下取り価格や買い取り価格が高い傾向にある/人気があるモデルといえます。

 総合トップのSR400は、1978年デビューにしたクラシカルな外観と空冷単気筒エンジンが魅力のネイキッドモデル。一時排ガス規制対策の影響で新車生産を終えましたが、2018年に復活(関連記事)し、再び人気を博しています。

バイク王 2021年1月版リセール・プライスランキング 総合(Bike Life Lab調べ、以下同)

 総合2位は、ホンダ「CT125 ハンターカブ」(関連記事)がランクイン。オフロード性能を高めたタフでマルチに使える走行性能とデザイン性で、新車販売が好調の車種です。発売から約半年が経過し、中古車市場へ流通しはじめたばかりであることから高値傾向にあると同社は分析しています。

 総合3位はカワサキ「Z900RS」(関連記事)でした。1970年代の名車「Z1」をモチーフに現代の最新仕様でよみがえらせた「ネオレトロ」スタイルの代表的車種です。

バイク王 ホンダ「CT125 ハンターカブ
バイク王 カワサキ「Z900RS
バイク王 2021年1月版リセール・プライスランキング 原付一種/二種部門(2020年9月〜11月集計)

バイク王 2021年1月版リセール・プライスランキング 軽二輪部門(2020年9月〜11月集計)

バイク王 2021年1月版リセール・プライスランキング 中型二輪部門(2020年9月〜11月集計)

バイク王 2021年1月版リセール・プライスランキング 大型二輪部門(2020年9月〜11月集計)

 集計期間は2020年9月〜2020年11月。過去のランキングはこちらから。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む