ニュース
» 2021年01月19日 09時00分 公開

白浜駅「パンダべんとう」(930円)〜乗って逢って食べて笑顔いっぱい! 紀州のパンダ旅!

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは白浜駅「パンダべんとう」(930円)です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 白浜駅「パンダべんとう」(930円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年11月25日)

駅弁 287系電車・特急「くろしお」(パンダくろしお)、紀勢本線・岩代〜南部間

紀勢本線の特急「くろしお」号が、紀伊水道に沿って駆け抜けて行きます。

かつての五十五万石の城下町・和歌山を出た「くろしお」号は、有田みかんのみかん山を横目に、醤油発祥の地・湯浅や門前町として発展した御坊を経て、梅の最高級ブランド・南高梅の梅林を望みながら、紀伊田辺・白浜と停まっていきます。

この時間の「くろしお」号は、どうやらラッピングされた車両のようですね。

駅弁 287系電車・特急「くろしお」(パンダくろしお)、紀勢本線・朝来〜白浜間

こちらの車両は白浜の「アドベンチャーワールド」の人気者・ジャイアントパンダにちなんでラッピングが施された「パンダくろしお(Smileアドベンチャートレイン)」。

JR西日本が平成29(2017)年で発足30周年、和歌山・アドベンチャーワールドが平成30(2018)年で開園40周年を迎えたことをきっかけに誕生しました。

2020年11月現在は、287系電車の3編成が「パンダくろしお」のラッピング列車となっています。

駅弁 パンダべんとう

アドベンチャーワールドのジャイアントパンダの愛くるしさに魅了されたら、帰りの列車でもたっぷりと余韻に浸りたいもの。

白浜の人気駅弁の1つに、田辺を拠点に弁当を製造している「味三昧田辺本店」の、「パンダべんとう」(930円)があります。

可愛らしいパッケージを見つけたら、思わず手に取りたくなりますね。

駅弁 パンダべんとう

【おしながき】

  • そぼろご飯 焼き海苔 しそ
  • 鶏肉の唐揚げ
  • 錦糸玉子
  • 高菜漬け
  • 紀州南高梅の梅干し
駅弁 パンダべんとう

小ぶりの鶏肉の唐揚げが、たっぷりと載った「パンダべんとう」。

「味三昧」によると、子供たちに人気のおかず・鶏の唐揚げを、ちびっ子たちでも食べやすいように敢えて小さくして揚げていて、春休み・夏休みなどの期間中は特に人気だそう。

小さい唐揚げとなっているぶん、そぼろご飯とのバランスがよく感じられて、鶏肉のうま味をいつまでも楽しめるのが嬉しいですね。

駅弁 287系電車・特急「くろしお」(パンダくろしお)、紀勢本線・三輪崎〜新宮間

「パンダくろしお」の運行スケジュールは、「公式ツイッター」で前日に発表されています。

なかには新宮まで足を伸ばす列車もあり、「パンダくろしお」は、いまやすっかり“紀勢本線の顔”と言ってもいい存在になりました。

11月22日には17頭目のジャイアントパンダの赤ちゃん誕生という嬉しい話題も入って、ますます乗って、逢って、食べて、笑顔があふれる、紀勢本線「パンダくろしお」の旅です。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響