ニュース
» 2021年01月20日 12時00分 公開

車窓を楽しみながらお仕事も しなの鉄道の観光列車「ろくもん」でトレインワーケーションを実施

最高のお仕事環境かも。2月24日〜26日開催。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 長野県の千曲市で、仕事と観光の両方を楽しめるワーケーション体験会が開催。しなの鉄道の「ろくもん」を貸し切り、名物観光列車の個室をワークスペースとして利用できるようにした新たな試み「トレインワーケーション」を実施します。開催日程は2021年2月24日〜26日(2泊3日)です。

ろくもん 観光列車「ろくもん」(しなの鉄道Webサイトより)

 ワーケーションとは仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた働き方の造語。観光地、リゾート地などの休暇先でいつも通りに仕事をし、空いた時間に休暇も過ごす働き方のことを指します。

 体験会第5回となる今回は、しなの鉄道が協力して「ろくもん」を“ワーケーショントレイン”として臨時運行。「三密を回避しつつ、絶景と信州産の食材をふんだんに味わいながら、豊かな働き方を感じられる試みを体験してほしい」とうたいます。

 ろくもんにはWi-Fi環境を整備し、乗車定員30人(事務局員含む)に限定して3両編成で運行。仕切りのある座席を用意し、通常の換気に加えて途中停車駅などで空気の入れ替えを実施します。

 1日目のトレインワーケーションのほか、沿線地巡りや「食」の体験、千曲市内のさまざまなワークスペース体験(2日目)、絶景での瞑想や参加者との交流機会(3日目)などのプログラムも用意します。

ろくもん 景観を楽しみながら仕事できる(しなの鉄道Webサイトより)
ろくもん ろくもんの車内(写真:杉山淳一)
ろくもん ろくもん 半個室の座席(写真:杉山淳一)
ろくもん トレインワーケーションのルートとスケジュール
ろくもん 体験会全行程の内容(千曲市ワーケーション体験会より)
ろくもん 体験会では瞑想や夜景、絶景など信州の観光も楽しめる

 募集期間は2021年1月19日〜2月12日。募集人員は25人程度、料金は3万5000円(税込)。申し込みは「千曲市ワーケーション体験会の専用サイト」から。

(カナブンさん)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響