ニュース
» 2021年01月20日 12時00分 公開

車窓を楽しみながらお仕事も しなの鉄道の観光列車「ろくもん」でトレインワーケーションを実施

最高のお仕事環境かも。2月24日〜26日開催。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 長野県の千曲市で、仕事と観光の両方を楽しめるワーケーション体験会が開催。しなの鉄道の「ろくもん」を貸し切り、名物観光列車の個室をワークスペースとして利用できるようにした新たな試み「トレインワーケーション」を実施します。開催日程は2021年2月24日〜26日(2泊3日)です。

ろくもん 観光列車「ろくもん」(しなの鉄道Webサイトより)

 ワーケーションとは仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた働き方の造語。観光地、リゾート地などの休暇先でいつも通りに仕事をし、空いた時間に休暇も過ごす働き方のことを指します。

 体験会第5回となる今回は、しなの鉄道が協力して「ろくもん」を“ワーケーショントレイン”として臨時運行。「三密を回避しつつ、絶景と信州産の食材をふんだんに味わいながら、豊かな働き方を感じられる試みを体験してほしい」とうたいます。

 ろくもんにはWi-Fi環境を整備し、乗車定員30人(事務局員含む)に限定して3両編成で運行。仕切りのある座席を用意し、通常の換気に加えて途中停車駅などで空気の入れ替えを実施します。

 1日目のトレインワーケーションのほか、沿線地巡りや「食」の体験、千曲市内のさまざまなワークスペース体験(2日目)、絶景での瞑想や参加者との交流機会(3日目)などのプログラムも用意します。

ろくもん 景観を楽しみながら仕事できる(しなの鉄道Webサイトより)
ろくもん ろくもんの車内(写真:杉山淳一)
ろくもん ろくもん 半個室の座席(写真:杉山淳一)
ろくもん トレインワーケーションのルートとスケジュール
ろくもん 体験会全行程の内容(千曲市ワーケーション体験会より)
ろくもん 体験会では瞑想や夜景、絶景など信州の観光も楽しめる

 募集期間は2021年1月19日〜2月12日。募集人員は25人程度、料金は3万5000円(税込)。申し込みは「千曲市ワーケーション体験会の専用サイト」から。

(カナブンさん)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む