ニュース
» 2021年01月25日 19時01分 公開

キンコン西野、劇場芸人に「1日1組10万円」支援策 自身のYouTubeチャンネル出演で

原資は映画宣伝のコストとオンラインサロンの売り上げから。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが1月25日、コロナ禍で活動が制限されている劇場芸人への支援案をブログで発表。自身のYouTubeチャンネルへの出演で1回10万円を支払うとして、同日から第一弾として吉本興業所属の「バンビーノ」が出演することを明かしました。

西野亮廣 オンラインサロン プペル寄席 10万円 劇場芸人への支援案を発表した西野さん(画像はねとらぼインタビュー記事から)

 西野さんは、「新型コロウイルスの影響で、いろんな人が本当に苦しい思いをしている」(原文ママ)とし、劇場を中心に活躍する芸人も例外ではないと説明。自身も“劇場生まれ劇場育ちの芸人”で、劇場芸人に恩返しをする時機と考えたとして、1日1組に10万円を支援すると明かしました。

 ただし、“僕は芸人のプライドもよく知っている”として、100%支援という形は採らず、自身のYouTubeチャンネルを「プペル寄席」と改名し、そこでネタを披露してもらう対価として支払う考えを説明。西野さんにとっては『えんとつ町のプペル』の宣伝になるため、それを納得の上であれば“気持ちよく受け取っていただける”のではないかとしています。

西野亮廣 オンラインサロン プペル寄席 10万円 ボイスメディア「Voicy」で報告(画像はVoicyから)

 なお、10万円というのは、吉本興業プロデュースのクラウドファンディングサイト「SILKHAT」でみられる、西野さんを丸一日休ませる「西野を休ませる権」、あるいは“アンチ限定”で受け付けている「西野の活動を1日やめさせる権利」と同額です。

 劇場芸人支援の原資は、西野さんが「映画 えんとつ町のプペル」の宣伝用に作っているというお金をメインに、足りなければ自身のオンラインサロンの売り上げから工面するとのこと。期間については決めていないとしながらも、コロナ禍が当面続くとみて「しばらくやります」とつづっています。

 プペル寄席動画は収益化するのか、収益化するとしたら仮に10万円以上の収益となった場合はどうなるのかなど、不明な部分もありますが、西野さん自身は「100組なら1000万円、極端な話、1000組になったら、1億円。なんとか用意します」と多くのエントリーがあってもやり遂げる考えを示し、「芸人さんには、いつか、コロナが落ち着いたら、呑み屋で奢ってもらえると嬉しいです」とつづっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む