ニュース
» 2021年02月01日 11時06分 公開

ザブングル松尾が芸能界引退でコンビ解散 ファンからは悲しむ声も「もう水神様見られないのか」「くやしいです」(1/2 ページ)

加藤歩さんは単独で活動継続。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介さんが、3月31日をもって所属する芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」との専属契約を満了。あわせて芸能活動から引退することが、同社の公式サイトで発表されました。「ザブングル」は解散となりますが、ボケ担当の加藤歩さんは単独で活動を継続します。

ザブングル 解散 松尾 加藤 今後 松尾陽介さん(左)と加藤歩さん(右)(画像はワタナベエンターテインメント公式サイトから)

 「ワタナベエンターテインメント」公式サイトでは、「芸能活動に区切りをつけ、新しいことにチャレンジしてみたいという松尾の思いを尊重し話し合った結果、このような結論に至りました」と報告。「21年間ザブングルを応援して下さったファンの皆様、関係者の皆様、あたたかい声援を誠にありがとうございました」と伝えています。

ザブングル 解散 松尾 加藤 今後 「弊社所属お笑いコンビ ザブングルに関するご報告」(画像はワタナベエンターテインメント公式サイトから)

 突然の引退と解散報告に、ファンからは「本当に寂しい…」「松尾君のツッコミ好きだったなぁ」と悲しがる声や「加藤さん頑張れ!!」とこれから単独での活動となる加藤さんへのエールが。他にも、トークバラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「運動神経悪い芸人」シリーズで、水泳が苦手なことから命名された“水神さま”という愛称を添え、「もう水神様見られないのか」と残念がる声や、「ザブングル」のネタを用いた「くやしいです」という声も見られました。

 「ザブングル」は1999年に結成し、2007年には「M-1グランプリ」で初の決勝進出を果たして6位に。2019年6月には過去に「闇営業」に関わったことから謹慎処分がくだされ、謹慎期間中は熊本や北海道、関東圏の介護施設で社会福祉活動に関わり、9月に活動再開していました(関連記事)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」