ニュース
» 2021年02月08日 14時00分 公開

13年ぶり全面改良、スズキの怪物バイク「隼」がフルモデルチェンジ 速すぎるので二輪車初「スピードリミッター」搭載(1/3 ページ)

こりゃ速そぉぉぉ♪

[松本健多朗,ねとらぼ]

 スズキは2月5日、旗艦スポーツバイクの新型「Hayabusa(ハヤブサ)」を発表。2021年2月末から欧州をはじめ、北米、日本などで販売します。

スズキ「隼」 スズキ・新型Hayabusa(写真:スズキ、以下同)
スズキ「隼」 スズキ「隼」(写真:スズキ、以下同) 隼らしさを残しつつスポーティなデザインを実現 「SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)」を搭載 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」 スズキ「隼」

 Hayabusaは、「究極のスポーツバイク」をコンセプトに展開するハイパフォーマンススポーツバイク。初代モデルは1999年登場、時速300キロを悠々出せる高い走行性能とグラマラスな美麗デザインで多くのライダーを虜にしました。

 スズキの鈴木俊宏社長本人も「隼ライダー」としてHayabusaを愛車にし好んで乗るモデル(関連記事)で、新型Hayabusaのテストも行っています。

 13年ぶりに発表された3代目Hayabusaは、バイクメーカー・各車種喫緊の課題である欧州排ガス規制「ユーロ5(欧州仕様車)」の対応(2021年1月全面導入。クリアできないモデルは新車として生産ができず、絶版を余儀なくされてしまう)とともに、ぬめっとした流麗なボディーラインにシャープなイマドキの意匠や差し色を加え、Hayabusaらしさを残しつつもよりスポーティで迫力あるスタイルに刷新しました。

スズキ「隼」(写真:スズキ、以下同) 新型Hayabusa
隼らしさを残しつつスポーティなデザインを実現 Hayabusaらしいグラマラスなデザインを継承
「SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)」を搭載 高度な電子制御運転支援システム「SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)」を搭載

 パワーユニットは最大190馬力(140kW)、最大トルク15.2kgf-m(150Nm)を発生する1340ccの水冷直列4気筒。電子制御スロットルや吸排気の機構変更により低中速域の出力/トルクを高めつつ、空力特性の追求によって高速性能を落とすことなくユーロ5に対応したとしています。

 合わせて、より高度な電子制御システム「S.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)」を搭載。運転シーン(サーキット走行/ツーリングなど)や走行状況(天候など)に応じて自分好みの出力特性に切り替えられる「SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)」や、二輪車では世界初(スズキ調べ 2021年2月現在)とする任意設定型の「スピードリミッター」などを備え、高性能であるがゆえ意図せずライダーの能力を超えた“制御不能領域”へ突入してしまわないように支援します。

 車体サイズは2180(全長)×735(幅)×1165(高さ)ミリ、重量は約264キロ。シート高800ミリ、WMTCモード燃費はリッター14.9キロ、タンク容量は20リットル。価格は米国市場向けで1万8599ドル(約196万円、2021年2月時点)から。日本でも販売予定としています。



       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む