ニュース
» 2020年05月28日 20時00分 公開

ヤマハ、ブッ飛び怪物スポーツバイク「YZF-R1M/R1」を日本でも発売 くぉぉ、お値段もブッ飛び319万円…… (1/2)

ズズズンと200馬力のモンスター級。【写真14枚】

[志田原真俊,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機は5月28日、同社の最上位スーパースポーツバイク「YZF-R1」「YZF-R1M」の日本市場向け2020年モデルを発表。2020年8月20日に発売します。

ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M YZF-R1(写真:ヤマハ発動機、以下同)
ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M

 YZF-R1は、リッタークラスのスーパースポーツ(SS)バイクとして1998年に誕生。市販車ベースで競うスーパーバイク選手権(SBK)などのレースシーンで活躍し、リッターSSというジャンルを確立した「ブッ飛びの速さを求める人向け」車種の1つです。

 現行モデルは2015年発売の8代目。エンジンやフレームから全面的に見直し、サーキット志向で戦闘力を高めたフルモデルチェンジでした。この際に外観も大きく変わり、MotoGPマシン「YZF-M1」のようなラムエアダクトを備え、ヘッドライトをあえて隠したレーサー風の鋭いデザインに一新。しかし日本市場では販売されず、日本では海外モデルの逆輸入車のみが流通する状況でした。

ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M 2020年モデルはカウルやライトのデザインを一新、キリッと男前に

 このフルモデルチェンジから5年、今回の2020年モデルでいよいよ日本でも正規販売となります。ヤマハ独自のクロスプレーン機構を採用した高出力の997cc直列4気筒エンジンは、パワーウェイトレシオが「ほぼ1」の最大200馬力を発揮(車両重量は約201キロ)。併せて、サーキットでのスポーツ走行を支える高度な電子制御システムで武装しています。

 2020年モデルの改良点としては、エンジンブレーキマネジメントとブレーキコントロールを高度に行う新たな電子制御システムを追加したほか、エンジンの低〜中回転域トルクを増強してレスポンスを向上。前後サスペンションのセッティングも見直し、空力性能を高めるべくカウルも新デザインとなりました。

ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M 上級モデルのYZF-R1Mも同時発売
ヤマハ YZF-R1 YZF-R1M 「YZF-R1/R1M」主な仕様

 「さらに上」の上級モデル・YZF-R1Mは、オーリンズ製電子制御サスペンションとカーボン素材の軽量カウルを搭載。タンクやリアアームにはバフがけしたアルミパーツを採用し、走りと高級感をより高めています。

 価格はR1が236万5000円(税込、以下同)、上位のR1Mは319万円から。2020年5月28日〜9月30日までの期間限定で予約を受け付け、合計400台程度の販売を予定します。

 同じく1000cc/200馬力クラスである夢のスーパースポーツ「ホンダ・CBR1000RR-R FIREBLADE」(関連記事)、「カワサキ・Ninja H2」(関連記事)、「スズキ・GSX-R1000R」(関連記事)、「ドゥカティ・パニガーレV4R」(関連記事)などと熾烈な争いを繰り広げそうです。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.