ニュース
» 2021年02月10日 20時00分 公開

「思考がクリアになっていくのを感じる…!」 同人誌のために「大人の原稿執筆パック」を使ったレポ漫画に夢がふくらむ

やってみたい。

[ねとらぼ]

 同人誌を作ったことがある人なら一度は憧れる「オタク同士での原稿合宿」。そんな夢を叶えたレポート漫画に胸がおどります。作者は、ブログ「地方民のオタ活ライフ」で漫画を公開しているアサナ(@asana1988)さんです。

原稿合宿 いざ行かん原稿合宿

 仕事でも漫画『地味姫と黒猫の円満な婚約破棄』を描いているアサナさんですが、最近の悩みは「同人をやる時間がない」こと。出したい合同誌もあるのに、まとまった時間をとることができません。

原稿合宿

 そこでアサナさんが思いついたのが原稿合宿。普段と場所を変えて同人誌に取り組むことで、原稿が捗るのではないかと考えたのです。

原稿合宿
原稿合宿
原稿合宿

 今回アサナさんが合宿に利用したのは、その名も「大人の原稿執筆パック」プランを用意しているTHE RYOKAN TOKYO 湯河原。この「大人の原稿執筆パック」では、Wi-Fiや卓上ライト、白黒プリンターなどの執筆に必要なものの貸し出しに加え、希望する人にはスタッフによる進捗確認や感想サービスも受けられます。

原稿合宿

 アサナさんによると、原稿合宿ではきれいな部屋で作業ができるのに加え、ご飯も自分で用意する必要がないので「原稿だけに集中する時間」をつくれるとのこと。このおかげで作業も捗り、新刊の概要も見えたそうです。

原稿合宿

 原稿に一区切りがついた後は、お酒で乾杯。パソコンやタブレットを持ってきていれば、推しの映画や舞台の上映会もできますね。

 なかなか旅行が難しいご時世ですが、気分を変えて近場で原稿合宿をしてみるのも良さそうです。

 アサナさんは、「マンガがうがう」で『地味姫と黒猫の円満な婚約破棄』を連載中。Twitterやブログでも、日常を描いた漫画を公開しています。

画像提供:アサナ(@asana1988)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する