ニュース
» 2021年02月21日 22時00分 公開

犬「無償でお手をやれと?」→「あなた、大好きワン!」 ワンコが豹変する“ある条件”を描いた漫画が面白かわいい

分かりやすい態度の変化さえもあいらしい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 飼い主さんの「お手」にしぶしぶ対応するワンコが、おやつで別人(犬)のような態度になる漫画がかわいいです。こびを売るタイミングを心得ているな……!?


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは ワンコ「無償でお手をしろと……?」



 漫画家の小林潤奈(@kobayasisters)さんが、愛犬の「ちゃめ」ちゃんにお手をやってもらおうとすると、ちゃめちゃんは「無償で……?」といった表情を見せます。一応やるにはやるけど、仕方なく付き合ってる感がすごい。

 ちなみにもう1匹の愛犬「ハニィ」ちゃんも呼ぼうとしますが、全力&ノンブレーキで遊ぶ姿を見て「ダメだ、自分の人生を生きてる」と諦めます。


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは イヤイヤお手をしている感


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは 表情から動きまで、全て別人(犬)だ……!

 しかしどうでしょう、小林さんがおやつを手にして呼ぶと、ちゃめちゃんの目はキラッキラに。飼い主さん大好きオーラを出しながら、前足も勢いが余りすぎて「シュダッ!!」と飼い主さんの手を通り越し、お手ではなく「腕」になっちゃってます。さっきと動きのキレが違いすぎる!

 投稿されたInstagramでは、実際の様子も動画で公開されていますが、ビックリするほど漫画通り! 最初はあくびしながらお手をしていたちゃめちゃんも、おやつを確認した後は目がカッと開かれ、輝きが増しています。しかも、全く興味なさそうだったハニィちゃんもちゃっかり集合している!


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは 無償でお手をしてもらった場合


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは 分かりやすいほどやる気ゼロです


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは しかし、おやつを持ったら……目がキラッキラだ!


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは アゴのせもバッチリ(かわいい)


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは 次の指示(おやつ)を待つ2匹の真剣な顔よ!

 家族や友人との日常漫画をInstagramにて公開している小林さん。今回のような愛犬2匹とのエピソードも人気を集めており、Twitter(@kobayasisters)ではちゃめちゃんとハニィちゃんがただただ天使な写真も見ることができます。

 小林さんの作品は日常コミックエッセイ『小林姉妹はあきらめない!』のほか、ブログ等で紹介しているハイカロリーなレシピを集めた欲望全開なグルメ本『禁断の変態ごはん』が販売中です。

生きる希望失ったくらい反省してた


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは ちゃめちゃんとハニィちゃんの関係性


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは それでも元気&いつも全力のハニィちゃん


無償ではやらない 犬 媚び タイミング 知ってる お手 おやつ 愛とは そして怒られるとめっちゃへこむちゃめちゃんでした





画像提供:小林 潤奈(@kobayasisters)さん





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」