ニュース
» 2021年03月26日 20時00分 公開

イヤイヤ期真っ最中の2歳児、歩かなくて困っていると…… すてきな救世主があらわれる漫画にほっこり

こんな人になりたい。

[k村,ねとらぼ]

 2歳のイヤイヤ期真っ最中。「歩くのイヤ」とだだをこねる子どもに困っていたら……。すてきな救世主があらわれた漫画がInstagramに投稿されています。


ALT 「イヤ」の破壊力

 3人姉弟を育てるおやま(@oyamaoyadayo)さん。長女が2歳だったときの、ある“イヤイヤ期エピソード”を描いています。

 おやまさんと夫が当時2歳の長女と0歳の長男を連れて出掛けていたところ、急に長女が道端に寝転び、「(歩くの)イヤ」とストライキを始めてしまいました。

 「ほら長女ちゃん起きて行くよ……」とお願いしても、最終手段のおやつを出しても、「イヤ」と一言だけ返事をして、完全に歩くのを拒否する長女。こうなったらテコでも動かないぞ……という強い意思を感じます。イヤイヤ期あるあるの光景だ……!


ALT 「絶対に歩かない」と決めた長女

 ちなみに長女がこうなった場合、力づくで抱き上げようとすると、獲れたての魚のようにビチビチと暴れてしまい危険、とのこと。うかつに手も出せず、「駄目だ……全然動いてくれない」とおやまさんが絶望していると……。

 そこに1人のマダムが通りかかり、長女に「良かったら私と一緒に歩いてくれないかしら」と話しかけてきたのです。


ALT 救世主だ……!

 すると、あれだけ歩くのを拒否していた長女は「ん(うん)」とピョコッと起き上がり、マダムの手を引き、ご機嫌に歩き始めたではありませんか……!

 「すみません……全然動いてくれなくて……助かりました」とお礼を伝えるおやまさんに、マダムはさらっと「いいのよ 通り道なの」と一言。か、かっこいい……! その後、さっそうと去って行ったというマダム。おやまさんは「あの鮮やかなピンクのコートが忘れられません」と、救世主への感謝の気持ちで漫画を締めくくっています。

 困っている人を助けたくても、声を掛けるのは勇気がいるもの。マダムのさり気なくスマートな行動に「すてきマダムですね」「憧れます」という声が寄せられました。おやまさんのInstagramTwitterアカウントには、結婚生活や育児あるあるがつまった、クスッと笑える漫画やイラストが投稿されています。

画像提供:おやま(@oyamaoyadayo)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」