ニュース
» 2021年04月13日 13時16分 公開

「機動戦士ガンダム」シリーズ、Netflix向けに実写映画化 「Gセイバー」「ケツアゴシャア」を思い出すファン続出(1/2 ページ)

「G-SAVIOUR」のデザインの良さを語るファンも。

[羽野源一郎,ねとらぼ]

 アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズが動画配信サービス「Netflix」の作品として実写映画化されます。監督を務めるのは「キングコング: 髑髏島の巨神」を手掛けたジョーダン・ヴォート=ロバーツです。

機動戦士ガンダム Gセイバー ケツアゴシャア 実写映画 Netflix 1979年に放送された『機動戦士ガンダム』(画像は『機動戦士ガンダム』公式サイトから)

 ハリウッドでの実写映像化は、2018年7月開催のイベント「Anime Expo 2018」で発表されたもの(関連記事)。漫画、ゲーム、劇場アニメなどさまざまな媒体で展開してきたガンダムシリーズは過去にも実写化されたことがあり、2000年には実写を取り入れた日米合作ドラマ「G-SAVIOUR」(ジーセイバー)が放送されました。

機動戦士ガンダム Gセイバー ケツアゴシャア 実写映画 Netflix 「G-SAVIOUR」(画像はサンライズ公式サイトから)

 ハリウッド版実写ガンダムは、同シリーズを制作しているサンライズと「PACIFIC RIM」シリーズや「GODZILLA」などを手掛けたLEGENDARYの共同制作。ストーリーはまだ明らかとなっていませんが、米テレビドラマ「LOST」やマーベルコミックのドラマ「ランナウェイズ」にも携わったブライアン K. ヴォーンが脚本を担当し、LEGENDARYのプロデューサーであるケール・ボイターとともに製作総指揮を執るとのこと。なお、ボイターはサンライズとともに監修も担当します。

 発表を受け、ヴォート=ロバーツ監督はその喜びをツイート。ネットでも話題となっており、ファンの中には実写パートを取り入れた過去のガンダムゲームを思い出す人もいるようで、同作に登場した印象的なあごの実写版シャア・アズナブルを指した「ケツアゴシャア」のワードや、「ガンダム実写化」「Gセイバー」などがトレンド入り。また、「モビルスーツがべらぼうにカッコいい」「SF実写作品として楽しんだ」など、「G-SAVIOUR」の魅力に言及しているファンの声も寄せられています。

機動戦士ガンダム Gセイバー ケツアゴシャア 実写映画 Netflix (画像はTwitterから。編集部で一部加工)

機動戦士ガンダム Gセイバー ケツアゴシャア 実写映画 Netflix (画像はTwitterから。編集部で一部加工)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.