ニュース
» 2021年04月18日 20時00分 公開

夜泣きに悩む母が、赤ちゃんと街をさまよっていると…… 謎の「よなきごや」に救われる漫画があたたかい(1/2 ページ)

「自分は一人じゃないんだ」と思えるかも。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 赤ちゃんの夜泣きに悩むママさんが訪れた不思議であたたかい空間「よなきごや」を描いた創作漫画が、Twitterで話題になっています

よなきごや

 赤ちゃん連れで深夜のコンビニにいる人を見て「私が親なら絶対あんなことしない」と思っていた主人公。6年後、子どもを産み親になった主人公は、赤ちゃんの夜泣きに悩まされます。

よなきごや 「私が親なら絶対あんなことしない」と思っていた主人公
よなきごや 自分が親になってみると夜泣きに悩まされることに

 夫の協力を得られず、朝まで一人で赤ちゃんの相手をする主人公。赤ちゃんを遊ばせて運動量を増やすために訪れた児童館では、身ぎれいにしている周りのママさんと自分のことを比べてしまいます。

よなきごや キレイにしているママさんと自分をついついくらべてしまいます

 ベビーマッサージや寝つきがよくなる音楽など、夜泣きにいいというものは全部試してみましたが、夜になると泣いてしまう赤ちゃん。夫に冷たい言葉をかけられた主人公は、赤ちゃんを連れて深夜の街に出掛けます。

 ファミレスには入れないし、公園には意外と人がいる……と、行き先を考えながら歩く主人公。せめてもう少し明るいところに……と思ってコンビニを見つけても、6年前の自分の声が心に響いて中に入れません。

よなきごや 6年前の自分の声が心に響きます

 そんなとき、目に入ったのは「よなきごや」という看板。「行くところのない人 どなたでもおはいりください あたたかい飲み物・軽食ございます 全て無料 赤ちゃん歓迎 インターホンを押すと鍵が開きます ※開かないこともあります」と書かれています。

よなきごや そんなときにみつけた「よなきごや」の看板
よなきごや
よなきごや 扉の先にあったのは……?

 「あやしすぎる」と思ったものの、行くところもないのでインターホンを押してみる主人公。ガチャン、と開いた扉の奥にあったものとは……?

 この漫画の続きは、作者のかねもと(@kanemotonomukuu)さんのブログで公開されています。

 作品を読んだ人からは「当時のことを思い出して泣きそうです」「今、この瞬間も頑張っている方々に、こんなステキな場所があればいいのに」「ママさんだけじゃなく、パパさんでも、孤独を感じてる大人でも子供でも、誰でも利用できる場所があったら」といった声が寄せられています。

 かねもとさんはTwitterやブログで漫画を公開中。PIXIV FANBOXでは100円で「よなきごや」の透かしなしバージョンを読むことができます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?
  2. /nl/articles/1705/18/news140.jpg 「秋頃に母になる予定です」 元競泳選手・田中雅美、再婚&妊娠を報告
  3. /nl/articles/1911/28/news078.jpg 「10代には見えない」「オーラが違います!」 アンミカ、約30年前の“バブリーショット”が圧倒的な大人っぽさ
  4. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  5. /nl/articles/2105/08/news004.jpg 猫がお風呂で熱心に湯もみをするワケは…… お湯をペロッとする姿に「楽しそう」「かわいすぎる」の声
  6. /nl/articles/2105/07/news106.jpg ジョージ・クルーニーの行き過ぎブラピ愛「食べているだけで最高なんだ」 チャリティー寸劇が「笑い死ぬ」「映画を作って」と反響
  7. /nl/articles/2105/08/news007.jpg 「好きです」「彼女に立候補します」アピールし続けて2年 押しが強い女の子がかわいい漫画にキュンとなる
  8. /nl/articles/2105/07/news093.jpg 千原ジュニア、所ジョージの贈り物に感激「こんな素敵な歳の貰い方したい」 粋な心遣いに「全てがカッコいい」と称賛の声も
  9. /nl/articles/2105/03/news021.jpg 賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」
  10. /nl/articles/2011/13/news037.jpg 【漫画】「アレクサ!! ゲゲゲのチョク(曲)かけてっ」 子どものリクエストにアレクサが応えた結果が予想外