ニュース
» 2021年05月07日 18時31分 公開

スポーツ向けに開発されたカステラ 「V!カステラ」が文明堂東京から登場

北極冒険隊も認めた捕食用カステラ。

[新谷翔,ねとらぼ]

 文明堂東京は、カステラの栄養素をそのままスティックタイプで手軽に持ち運べる、スポーツ前後の補食用「V!カステラ」の先行販売を5月6日に開始した。特設Webページで取り扱っており、価格は1ケース10本入り2000円。

V!カステラ

 これまで、カステラはエネルギー補給、集中力向上や疲労回復などを目的に、運動の前後に用いられる補食として注目されてきた。文明堂東京はカステラが消化時間が短いことや短時間でエネルギー補給できることに注目し、登山やキャンプなどのアウトドアで手軽に携行できるスティックタイプの「V!カステラ」を開発した。

 「鶏卵・砂糖・小麦粉・水飴・蜂蜜」という5つのシンプルな材料で作られており、1本で糖質・脂質・たんぱく質をバランス良く、おにぎり1個分の150kcalを補給できるとしている。

V!カステラの特長

 同社は開発にあたり、冒険家の萩田泰永氏率いる北極圏の遠征隊に評価を依頼。隊員からは「タンパク質の補給に役立った」「糖分を欲している体にしみた」「凍らなかった」の声が聞かれ、行動食として高い評価が得られている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」