ニュース
» 2021年05月21日 12時45分 公開

国内初「AI冷房」って何だ? 2021年度登場、JR東海の新型通勤電車「315系」 鉄道ファン目線でチェックしてみた(1/2 ページ)

旧国鉄時代の車両はなくなりますが、ハイテク機能で快適そうです。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 東海旅客鉄道(JR東海)は5月18日、新型通勤電車「315系」のインテリアデザインと車内設備を公開しました。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 新型車両「315系」の外観デザイン(JR東海プレスリリースより

 315系電車は、2021年度の順次投入を予定する新しいJR東海在来線の通勤型電車です。2020年1月に新製を発表(関連記事)、通勤電車211系、213系、311系が更新期を迎えることを背景に刷新を進める計画。運行線区は名古屋エリアの中央本線、東海道本線、関西線と静岡エリアの東海道本線が予定されています。

 車内のデザインコンセプトは「優しく安心感のある快適な移動空間」。多くの人が安心・快適にして乗車できるよう、バリアフリー設備やセキュリティ機能を強化し、1人あたりの座席幅拡大による座り心地の向上、天井を高く、開放感も得られる色使いを用いた車内空間の演出などを取り入れます。

 今回は「車内は“東"っぽく、車体は“西"っぽい」などという声もある315系車内設備の特徴を鉄道ファン目線でチェックしていきましょう。

国内初「AI冷房」を搭載 AI冷房って何だ……?

 315系には、国内初導入とうたう「AI冷房」なる設備を新たに搭載します。

 こちらは、AI(Artificial Intelligence:人工知能)による自動学習と制御最適化機能を持つ、なかなかハイテクな冷房装置のようです。設定温度を自動で維持するスタンドアロンの温度制御機能や乗務員による手動調整に加えて、人工知能と通信を活用した動的な温度・湿度の管理を実現します。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 315系に備える「AI冷房」の仕組み

 AI冷房は、315系全車両の温度、湿度、乗車率などの車上データを管理サーバに集めて、これまでの乗務員による手動補正学習データなどとも組み合わせてAIで解析し、それを定期的に車両へフィードバックすることで「その日、そのときに最適」な冷房の制御を行います。

 冷房装置個々の動作状況もオンライン監視し、故障を予測してその予兆段階でメンテナンスすることで「ごめんなさい。真夏に冷房故障しました」といった乗客の不便も未然に防げるとしています。

 「大勢乗ってきて急に暑くなった」とか「クーラー効きすぎで寒い」とか「にわか雨で車内が急に蒸し暑く不快になった」などの経験があると思います。これまで多くの部分で人の感覚や経験で制御していたところを、通信とIT(ICT)を用いる動的な自動制御によって「いつでも快適な車内空間」を提供できるようにするイメージです。通勤も旅も、より快適な車内空間が期待できそうです。

遮光ガラス、車内ディスプレイ JR東海の在来線で初採用となる設備も

 315系では、窓ガラスに赤外線と紫外線をカットする「遮熱・遮光ガラス」を採用します。これにより、従来の車両にあった「カーテン」は撤去されます。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 315系車内の様子。天井を高く、床面の色を中から外に向かって色を濃くするグラデーションにすることで、車内を広く感じられる配色に工夫。遮熱・遮光ガラスを採用し、窓の「カーテン」は撤去される

 従来車両の風情のようなものは薄くなり、ネットにも「(前例があって)それでもまぶしいので、ブラインドは欲しかった」などの声も上がってはいますが、「日差しがまぶしい」の不快はこの遮熱・遮光ガラスで低減し、感じなくなるほどの性能があるからとの判断なのでしょう。

 このほか、列車の情報や運行情報などを案内するフルカラーの情報表示ディスプレイは1両あたり6カ所、ドア上に設置。セキュリティも非常通話装置を1両あたり3カ所、防犯カメラを1両あたり5カ所に設置して強化しています。

 車いすスペースの設置や優先席付近床面の塗り分け、全編成に車いす対応トイレ設置、車両とホームの段差を縮小する車両床面の工夫など、バリアフリー設備も拡充させます。

 このあたりは首都圏や関西圏のJR車両では既に採用例の多い設備ですが、JR東海の在来線でも315系によってこれらもグッと拡充されます。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 車いすスペースを設け、優先席付近床面の塗り分けも行う

JR東海の通勤電車最長となる8両編成で活躍?

 JR東海は315系を、2021年度から2025年度にかけて総計352両の製造を計画しています。

 車両製造を行う日本車輌の資料によると、2021年度に7編成56両を製造予定です。1編成あたり8両の計算。「8両編成」が登場するとJR東海の在来線としては最長となります。

 2021年5月現在、東海道本線では全ての列車が、中央本線では一部の列車がクロスシート車両で運行しています。立席人数の少ないクロスシート車両は、旅にはいいもの(関連記事)ですが朝夕の混雑には不向き。315系が投入されるとロングシートと長編成を生かす収容力で混雑緩和にも大きく期待できそうです。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 東海道本線の新快速。混雑時間帯のみ2編成または3編成を連結した8両編成で運行する(写真:呼んでる渋沢)

 ICTを利用した新しい設備、今望まれている機能をふんだんに取り入れたJR東海の新しい通勤車両315系電車。どんな編成となって、いつから、どの路線を走るのか、運行開始が待ち遠しい車両です。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」