ニュース
» 2021年05月21日 12時45分 公開

国内初「AI冷房」って何だ? 2021年度登場、JR東海の新型通勤電車「315系」 鉄道ファン目線でチェックしてみた(1/2 ページ)

旧国鉄時代の車両はなくなりますが、ハイテク機能で快適そうです。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 東海旅客鉄道(JR東海)は5月18日、新型通勤電車「315系」のインテリアデザインと車内設備を公開しました。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 新型車両「315系」の外観デザイン(JR東海プレスリリースより

 315系電車は、2021年度の順次投入を予定する新しいJR東海在来線の通勤型電車です。2020年1月に新製を発表(関連記事)、通勤電車211系、213系、311系が更新期を迎えることを背景に刷新を進める計画。運行線区は名古屋エリアの中央本線、東海道本線、関西線と静岡エリアの東海道本線が予定されています。

 車内のデザインコンセプトは「優しく安心感のある快適な移動空間」。多くの人が安心・快適にして乗車できるよう、バリアフリー設備やセキュリティ機能を強化し、1人あたりの座席幅拡大による座り心地の向上、天井を高く、開放感も得られる色使いを用いた車内空間の演出などを取り入れます。

 今回は「車内は“東"っぽく、車体は“西"っぽい」などという声もある315系車内設備の特徴を鉄道ファン目線でチェックしていきましょう。

国内初「AI冷房」を搭載 AI冷房って何だ……?

 315系には、国内初導入とうたう「AI冷房」なる設備を新たに搭載します。

 こちらは、AI(Artificial Intelligence:人工知能)による自動学習と制御最適化機能を持つ、なかなかハイテクな冷房装置のようです。設定温度を自動で維持するスタンドアロンの温度制御機能や乗務員による手動調整に加えて、人工知能と通信を活用した動的な温度・湿度の管理を実現します。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 315系に備える「AI冷房」の仕組み

 AI冷房は、315系全車両の温度、湿度、乗車率などの車上データを管理サーバに集めて、これまでの乗務員による手動補正学習データなどとも組み合わせてAIで解析し、それを定期的に車両へフィードバックすることで「その日、そのときに最適」な冷房の制御を行います。

 冷房装置個々の動作状況もオンライン監視し、故障を予測してその予兆段階でメンテナンスすることで「ごめんなさい。真夏に冷房故障しました」といった乗客の不便も未然に防げるとしています。

 「大勢乗ってきて急に暑くなった」とか「クーラー効きすぎで寒い」とか「にわか雨で車内が急に蒸し暑く不快になった」などの経験があると思います。これまで多くの部分で人の感覚や経験で制御していたところを、通信とIT(ICT)を用いる動的な自動制御によって「いつでも快適な車内空間」を提供できるようにするイメージです。通勤も旅も、より快適な車内空間が期待できそうです。

遮光ガラス、車内ディスプレイ JR東海の在来線で初採用となる設備も

 315系では、窓ガラスに赤外線と紫外線をカットする「遮熱・遮光ガラス」を採用します。これにより、従来の車両にあった「カーテン」は撤去されます。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 315系車内の様子。天井を高く、床面の色を中から外に向かって色を濃くするグラデーションにすることで、車内を広く感じられる配色に工夫。遮熱・遮光ガラスを採用し、窓の「カーテン」は撤去される

 従来車両の風情のようなものは薄くなり、ネットにも「(前例があって)それでもまぶしいので、ブラインドは欲しかった」などの声も上がってはいますが、「日差しがまぶしい」の不快はこの遮熱・遮光ガラスで低減し、感じなくなるほどの性能があるからとの判断なのでしょう。

 このほか、列車の情報や運行情報などを案内するフルカラーの情報表示ディスプレイは1両あたり6カ所、ドア上に設置。セキュリティも非常通話装置を1両あたり3カ所、防犯カメラを1両あたり5カ所に設置して強化しています。

 車いすスペースの設置や優先席付近床面の塗り分け、全編成に車いす対応トイレ設置、車両とホームの段差を縮小する車両床面の工夫など、バリアフリー設備も拡充させます。

 このあたりは首都圏や関西圏のJR車両では既に採用例の多い設備ですが、JR東海の在来線でも315系によってこれらもグッと拡充されます。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 車いすスペースを設け、優先席付近床面の塗り分けも行う

JR東海の通勤電車最長となる8両編成で活躍?

 JR東海は315系を、2021年度から2025年度にかけて総計352両の製造を計画しています。

 車両製造を行う日本車輌の資料によると、2021年度に7編成56両を製造予定です。1編成あたり8両の計算。「8両編成」が登場するとJR東海の在来線としては最長となります。

 2021年5月現在、東海道本線では全ての列車が、中央本線では一部の列車がクロスシート車両で運行しています。立席人数の少ないクロスシート車両は、旅にはいいもの(関連記事)ですが朝夕の混雑には不向き。315系が投入されるとロングシートと長編成を生かす収容力で混雑緩和にも大きく期待できそうです。

JR東海 新型車両 315系 AI冷房 在来線 東海道本線の新快速。混雑時間帯のみ2編成または3編成を連結した8両編成で運行する(写真:呼んでる渋沢)

 ICTを利用した新しい設備、今望まれている機能をふんだんに取り入れたJR東海の新しい通勤車両315系電車。どんな編成となって、いつから、どの路線を走るのか、運行開始が待ち遠しい車両です。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する