ニュース
» 2021年05月27日 12時00分 公開

「金は出すから好きなものを食え」 お金がないときにおごってくれたバイト先の店長、大切なことを教わった実話漫画に感動の声(1/2 ページ)

必死に働いたお金でおいしいものを食べたら「頑張ってよかった」「もっと頑張ろう」と思える。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 お金がなかったときに、おいしいものをおごってくれたバイト先の店長から大切なことを教えてもらった――そんな経験を描いた漫画が大きな反響を呼んでいます。


ごちそうさま 仕事だけじゃなく、「働くこと」も学んだ

 漫画家の吉本ユータヌキ(@horahareta13)さんが、バンドマンをしながらバイトしていたころの出来事を5年前に書いた漫画。当時の吉本さんはお金に余裕がなく、店長に付き合って出前を取るときには、仕方なくのり弁など安いメニューを注文していました。


ごちそうさま 吉本さんはコンビニの倍近くかかる出前に気が進みませんでした

 店長に「お前いつものり弁でええんか?」と問われ、お金がないと答える吉本さん。その翌日、店長はいつものようにのり弁を頼もうとする吉本さんに「極上トンカツ2つ注文しとけ」と言います。


ごちそうさま トンカツは食べたい。でも、お金がない

 お金がないと断ろうとする吉本さんに、店長はお金は出すから好きなものを食べるようにと言ってくれました。最初はタダで極上とんかつ弁当が食べられることに「ラッキー」と思うだけだった吉本さん。「ごちそうさまでした! 最高でした」とお礼を言うと、店長は「今の気持ち忘れるなよ」と話します。

 仕事は楽しいことばかりではなく、大変なことも多いけれど、必死に働いたお金でおいしいものを食べたら「頑張ってよかった」「もっと頑張ろう」と思える――店長はそう語ります。


ごちそうさま 上司のさりげない優しさ。大人としての度量の大きさに心打たれる吉本さん

 お金もお礼もいらない代わりに、後輩ができたらおごって、おいしいものを食べるうれしさを教えてあげてほしいと、店長は続けました。とんかつのおいしさだけでなく、店長の優しさに心が満たされた吉本さんは、恩返しがしたいと、仕事を頑張れるようになったとのことです。

 漫画読んで「ステキ」「いい店長」など、多くの人が店長の優しさに感動したようでした。実際に自分が上司や先輩にごちそうになったという人も。おいしい食事が仕事のモチベーションを上げることや、上司に対して「この人のために頑張りたい」と思える気持ちの大切さに共感した人もいました。

 店長が、後輩ができたらおいしいものを食べさせてあげるよう言ったことについて、「恩返しじゃなくて恩送り」という声も多数ありました。優しさの連鎖が広がっていくことが想像できますね。

 吉本さんはこの作品を、働いた体験によるエピソードを漫画化するコンテスト「仕事探しはスタンバイ」に応募し、準グランプリを獲得しています。

 3児の父である吉本さんは、家族との日常を描いた漫画を多く描いています。今回の作品のようなお仕事漫画も投稿しています。

作品提供:吉本ユータヌキ(@horahareta13)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」