ニュース
» 2021年06月06日 12時30分 公開

【独自】オンクレ大手で特定客への“えこひいきサービス”発覚 「クレーンゲーム鑑定団NEO」運営会社を取材(1/2 ページ)

【動画】一部の顧客に対してのみ、通常は行っていない“特殊なアシスト”を行っていたことが分かりました。

[Kikka,ねとらぼ]

 オンラインクレーンゲームサービス「クレーンゲーム鑑定団NEO」が、特定のプレイヤーに対してのみ、プレイ途中に「獲得する景品を既定の箱ものから発泡スチロールへと変更して難易度を下げる」「通常は行っていない“特殊なアシスト”を行う」といった不平等なサービスを提供していたことがねとらぼ編集部の取材で分かりました。運営会社と関係者を取材しました。

【発覚】クレーンゲーム鑑定団NEOで特定客をえこひいきか(動画提供:該当プレイヤー)

サイバーステップ トレバ オンラインクレーンゲーム 特定のプレイヤーにのみ「“発泡スチロール”獲得で景品GET」と“特殊なアシスト”を行うスタッフ

 「クレーンゲーム鑑定団NEO」は、ポイント購入により、実在するクレーンゲーム機をオンライン上で24時間遠隔操作できる「オンラインクレーンゲーム」で、毎月1000種以上の景品を投入するなどのサービスで近年注目を集めています。

 2021年3月ごろから、一部のプレイヤーがTwitterやYouTubeで「オンクレ史上最強のアシストを見た」と、「クレーンゲーム鑑定団NEO」のスタッフから“特殊なアシスト”を受ける様子を動画で投稿し始め、他のプレイヤーから「えこひいきなのではないか?」との声が上がっているほか、運営会社から問題が公表されていないことについて不信感を抱く声が上がっています。


サイバーステップ トレバ オンラインクレーンゲーム 特殊なアシストを受けたプレイヤーによるツイート

いきすぎたアシスト?

 実店舗や一部のオンラインクレーンゲームでは、一定数のプレイを重ねると店舗側(運営側)から、景品を獲りやすくなるような位置に景品を移動させる等の「アシスト」が提案される場合があり、「クレーンゲーム鑑定団NEO」でもこの「アシスト」サービスが売りの一つになっています。

 しかし、今回の話題になっている“特殊なアシスト”では、「箱を落下させられたら景品GET」という設定台で、スタッフが途中から既定の箱から発泡スチロールにすり替える難易度変更が行われていたほか、景品にアームが触れる前にスタッフが手で景品を落下させるといった行き過ぎたアシスト、過剰すぎる景品獲得演出などが特定のプレイヤーに対してのみ行われていました。


サイバーステップ トレバ オンラインクレーンゲーム 最初は「箱を落下させられたら景品GET」という設定

サイバーステップ トレバ オンラインクレーンゲーム 特定のプレイヤーに対してのみ既定の箱が発泡スチロールに変更(画像提供:該当プレイヤー)

サイバーステップ トレバ オンラインクレーンゲーム 初期位置から大幅な位置変更も行われ、結果的に難易度が急低下(画像提供:該当プレイヤー)

プレイヤー「変なアシストがあったことは事実」

 ねとらぼ編集部では、「クレーンゲーム鑑定団NEO」から過剰なアシストを受けたプレイヤーに接触。取材を申し入れました。

――過剰なアシストがあったのは事実ですか。

該当プレイヤー:2021年のはじめごろから驚くようなアシストや変なアシストが発生していたことは事実です。

――特殊なアシストを受けることになったきっかけはありましたか。

該当プレイヤー:私から「早く景品が獲れるようにアシストしてください」というお願いをしたことは一度もありませんし、明確なきっかけについては分かりません。

――特殊なアシストの様子をTwitterやYouTubeに投稿したのはなぜですか。

該当プレイヤー:私自身はそのようなアシストを不快に思っていませんでしたし、アシストの動画を投稿すれば、「クレーンゲーム鑑定団NEO」の公式Twitterから“いいね”がきたり、リプライが来ていたので、単純に「面白いアシスト演出があること」を紹介した感覚でした。


サイバーステップ トレバ オンラインクレーンゲーム クレーンゲーム鑑定団NEO(@NC_kanteidan)の公式アカウントが「○○さんに対してのみ良いアシストをしております」と明言

――なぜ該当プレイヤーさんにだけ特殊なアシストが実施されたのでしょうか。

該当プレイヤー:私以外にも同様のアシストを実施していた期間があるようなのですが、複数回のプレイを重ねて景品が獲得できないという状況で、あのようなアシストや過剰すぎる獲得演出をされたら気分を害するプレイヤーもいたようで、結果的にはアシストについて積極的にツイートしたり、動画投稿をしていたりした私に注目が集まり、特殊アシストの内容がエスカレートしていったように思います。

――特殊なアシストについて、一部のプレイヤーには運営会社が「スタッフ個人とお客様個人によるやり取りがあった」ため発生したかのように説明しているのですが、該当プレイヤーさんとスタッフは知り合いですか。


サイバーステップ トレバ オンラインクレーンゲーム 運営会社による説明(提供:クレ鑑プレイヤー)

該当プレイヤー:運営側のスタッフの連絡先は知りませんし、面識もありません。私が運営しているYouTubeで「クレーンゲーム鑑定団NEO」を取りあげる際には、公式TwitterにDMを送るなどのやり取りはありましたが、個別のブースでの問い合わせを送ったことなどもありません。

――他のプレイヤーに比べるとアシストが早めに行われていた可能性はありますか。

該当プレイヤー:2020年10月から月に数万円〜数十万円程度「クレーンゲーム鑑定団NEO」に課金しているので、「そろそろアシストされる」というのは肌感覚で分かるのですが、ほかのプレイヤーと比べてアシストが早いということはないと思います。

――特定のプレイヤーにだけ特殊なアシストがされていたことについて「えこひいきなのではないか」という指摘もありますが、その点についてはどう感じますか。

該当プレイヤー:運営会社からも同様の説明と謝罪、今後は特殊なアシストを特定のプレイヤーに行わない旨の説明がありましたので、そのような声が上がっていることは把握しています。しかし、個人的には、どんなことに対しても完全な公正・公平を提供することは難しいと思っています。例えば、馴染みの店で何かがサービスしてもらえたときに、初来店のお客さんがそのやり取りを見て文句を言ってくるというのはおかしいじゃないですか。それは、常連だから特別にサービスを受けられるのであって、店舗側も良かれと思ってやっていることなわけですから、当事者以外の方がなぜ介入するのかと。

 今回の騒動についても似た部分があると感じていて、スタッフさんとしては、おそらく僕に楽しんでもらおうと良かれと思ってやってくれたことじゃないかと受け止めています。でも私がそれを広めてしまったから、無関係の人たちが騒いでしまい、結果的にスタッフさんも責められていたとしたら腑に落ち切りません。

 オンラインクレーンゲーム業界が「無法地帯」とも揶揄されている中、不具合の対応等も含めてサポートが厚く、景品獲得に関するアシストも規定回数になればしっかり実施してくれるなど、「クレーンゲーム鑑定団NEO」には良いところがたくさんあるので、これからもがんばってほしいと思っています。

運営会社「(アルバイトが)特定のお客さまにのみ、通常では行われない対応」に及んだ

 こうした状況について、ねとらぼ編集部は「クレーンゲーム鑑定団NEO」を運営する神成(シンセイ)に取材を申し入れました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  8. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  9. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……
  10. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. 江頭2:50 憧れの女性と念願デートも、緊張のあまり“ガチガチ”の“デレデレ”になってしまう「こんなエガちゃん見たことない」
  3. 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  5. 【Amazonブラックフライデー】セールの目玉商品第2弾を公開 新型「Kindle Paperwhite」が30%オフ
  6. 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  7. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  8. 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. 「すごく気に入ってます!」 ワンオクRyota、4歳娘の描いた似顔絵を“タトゥー”に 著名アーティストからも「いいね!」
  10. 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」