ニュース
» 2021年05月29日 09時54分 公開

安田顕、ドラマ「ドラゴン桜」に特別講師“大宰府治”役として出演 阿部寛と「下町ロケット」コンビでおなじみ(1/2 ページ)

くせ強。

[Sachi.,ねとらぼ]

 俳優の安田顕さんが5月30日放送の「ドラゴン桜」第6話に国語特別講師・太宰府治(だざいふ おさむ)として出演が決定。出演カットが公開されたのですが、しかめ面で髪をかき上げるという一筋縄ではいかない雰囲気を漂わせています。こわい。

安田顕 阿部寛 ドラゴン桜 どう見ても手ごわいのよ (C)TBS

 「ドラゴン桜」は前作の15年後を描いた作品で、2018年から『モーニング』(講談社)で連載されていた『ドラゴン桜2』が原作。今回の“桜木メソッド”ではスマートフォンやSNS、実在する学習アプリなどが登場し、話題を呼んでいます。第6話は、桜木が東大専科の生徒のために3日間の合宿を決行。その合宿に桜木が国語の特別講師として大宰府を招集するというストーリーです。

 原作に登場した大宰府は、生徒に自己紹介をすませただけで疲れ切って椅子に座り込んでしまい、しまいには「生まれてすみません……」と突然呟きだす非常につかみどころのない講師。安田さんの手によって、原作のキャラクターがどこまで再現されるかも注目です。

安田顕 阿部寛 ドラゴン桜 髪型どうされました? (C)TBS

 同作ではすでに数学の特別講師として、品川徹さんが演じる“東大数学の鬼”こと柳鉄之介が登場。柳は前作にも登場しており、他にも「ビートルズの曲の歌詞をエアロビしながら復唱させる」勉強法を披露した英語の特別講師・川口洋(金田明夫さん)など個性豊かな特別講師が登場しています。 


 安田さんはこれまで「下町ロケット」「ホタルノヒカリ」の実直で明るいキャラクターから「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」の海野亮太のような怪しげな“くせ者”まで多数演じています。また、所属するTEAM NACSが2005年に行った公演「COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ」では非常に陰気で狂気的なキャラクターを怪演。公開カットから察するに、大宰府治を安田さんが“怪演”する姿が見られるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」