ニュース
» 2021年07月07日 11時30分 公開

【うっかりおうちで死にかけた体験談】ドアノブがもげて、助けが来ないと出られない風呂(1/2 ページ)

しかも全裸。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事を伺う企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は、「東方Project」二次創作小説などの同人活動を行っている土露団子(@dango_doro)さんに「ドアの故障で風呂場から出られなくなった」ときの体験談を伺いました。助けが呼べてよかった……。

「お風呂という安寧の地が一瞬にして絶望の底」



 冬場、お風呂に入ろうとしたら、素っ裸のまま出られなくなったことがあります。

 浴室に入るときドアノブの感触がなんだかおかしかったので、「あれっ?」と思って浴室内側から回し直してみたところ、根元からボロッと折れてしまったような感じです。本当に果物狩りのときのように、もぎっとあっけなく……(笑)。

 実は1〜2週間ほど前からドアノブをひねりきっても少し引っ掛かる感触があって回りにくくなっていたのですが、“ドアノブが取れる前兆”はそれくらい。「突然の出来事」という印象でした。外れてしまったドアノブを見ると外見は至って普通である一方、通常では見えない内部がサビてボロボロになっていたことが分かりました。

―― 「ちょっと具合の悪いドア」ってそんなに珍しくないですし、まさかドアノブが取れるほどのトラブルになるとは思わないものなんでしょうね……。その状況からどうやって脱出したのでしょうか?

 一緒に暮らしている母親はすでに寝ていて、泣き叫んでも起きませんでした。

 ですがその日は冬至で、私は「いつもはシャワーだけで済ませているけど、今日は柚子湯にしよう。せっかくだからスマホで読書でもしながらのんびり浸かろう」と、たまたまスマホを持ち込んでいました。

 これが人生最初で最後の体験になると思うのですが、自宅のお風呂場から自宅の固定電話に電話をかけまくって、母親を起こして浴室のドアを開けに来てもらいました。「何してんの?」と叱られました。

―― 外側からは開いてしまう分、こっちの危機感が伝わりにくいのかもしれないですね。

 お風呂という安寧の地が一瞬にして絶望の底へと化した衝撃は大きく、結局、柚子湯は入らずじまい……。

 また、この日以降、家の中であっても基本的にスマホを持ち歩くように。シャワーのときは浴室横の洗面台にスマホを置いて、いざというときSiriが反応できる状態にするなどしています。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する