フワフワと宙を舞う「おきあがりドローン仏」の映像がインパクト大 制作者「最終的には26体で群体飛行させたい」(1/2 ページ)

将来的には26体で群隊飛行がしたいそうです。

» 2021年06月09日 20時15分 公開
[高橋ホイコねとらぼ]

 仏像がシャキーンと起き上がり、「ドローン雲」とともに浮遊する……とんでもなくシュールな「おきあがりドローン仏」の映像がTwitterで人気です。ただのおもしろ映像ではありません。制作者を取材したところ、平安時代から挑戦が続いている仏師の思いが背景にありました。

畳の上のドローン仏 畳の上にドローン仏がいます
ドローン仏が起き上がる 仏さまが……
ドローン仏が立つ 立った!?
ドローン仏が飛び上がる 浮き上がります
ドローン仏がぷかぷか プカプカ
ドローン仏が2体に もう一体来ました

 制作者は、仏像専門の彫刻家である仏師の三浦耀山(@biwazo)さん。「おきあがりドローン仏できました」と映像を付けてつぶやいたところ、大きな反響がありました。

 実は、映像にはトリックがあります。飛行中の「ドローン仏」を撮影していたとき、着陸時に仏像が倒れてしまうアクシデントが起きました。ところが、この映像を逆再生してみると、非常に魅力的なものだったので投稿したそうです。それにしても、どうして仏像をドローンに乗せていたのでしょうか。三浦耀山さんに聞きました。

―― ドローン仏のアイデアはどのようにして生まれたのでしょうか?

三浦さん:仏教の教えに阿弥陀来迎というものがあります。人が亡くなるときに阿弥陀如来が多くの菩薩を引き連れて、紫雲に乗って西方極楽浄土から迎えに来る光景で、平安時代に盛んに信仰され、仏画に多く描かれました。

 昔は実際に仏像を宙に浮かすことはできないため、仏師はいろいろな表現で見立てる挑戦をしています。昔から続く仏師の「仏像を宙に浮かしたい」思いを、現代だったらどう表現できるだろうと考え、ドローン仏が生まれました。

お寺にドローン仏を設置したところ 三体のドローン仏(写真:町田益宏さん)
ドローン仏(観音菩薩)が飛ぶ様子 神々しいお姿です
ドローン仏(阿弥陀如来)が飛ぶ様子
ドローン仏(勢至菩薩)が飛ぶ様子

―― 実現するうえで難しかった点を教えてください

三浦さん:寺のお堂内で飛ばすには一般的なものですと大きくて危険ですので、私が使っているのはトイドローンです。これはモノを載せるのには適していません。仏像をいかに軽くするかが大きな壁でした。

 最初に自分で彫った木の仏像を載せてみましたが重くてうまく飛ばせませんでした。そこで目につけたのが3Dプリンターです。キャステム京都LiQ(@castem_liq)の石井さん(@ECEUFG)が、私の彫った仏像を3Dスキャンし、中を空洞化して軽い仏像を3Dプリントする取り組みに協力してくれました。仏像と雲を合わせて約16グラムに抑えたため、安定飛行が可能になりました。

―― 他にも問題となったことはありましたか?

三浦さん:私としてはドローン仏はお寺で飛ばさないと意味がないと思っていました。しかし、理解してくれるお寺があるのかが課題でした。

 龍岸寺(@kyoto_ryuganji)の住職を務める池口さん(@senrenja)とは知り合いでした。池口さんが当時プロデュースしていたアイドルと、テクノ法要で有名な昭恩寺の朝倉住職(@gyosen_asakura)がコラボパフォーマンスする法要があると聞き、ドローン仏を提案したところオープニングアクトとして飛ばす機会をいただきました(関連記事)。それ以降現在まで試行錯誤しながら改良を続けています。

―― ドローン仏は、今後どうしていく予定ですか?

三浦さん:最終目的は「阿弥陀二十五菩薩来迎」をドローン仏で表現することです。現在、阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の合計3体が完成していますので、あと23体のドローン仏を製作し、お寺で群体飛行させるのが目標です。

 ただドローン26機の群体飛行をプログラミングする技術が私にはないので、技術提供してくれる専門家の方を探しています。この記事を見て「できるよ!」という方がいたらぜひ声をかけていただきたいです。完成したらまずはドローン仏を最初に飛ばさせていただいた京都の龍岸寺さんでお披露目するつもりです。

ドローン仏(勢至菩薩)が飛ぶ様子 知恩院所蔵の『阿弥陀二十五菩薩来迎図(国宝)』(wiki media commonsより)

画像提供:三浦耀山(@biwazo)さん

高橋ホイコ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/12/news077.jpg フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  2. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  3. /nl/articles/2406/12/news029.jpg 「1匹いたら100匹いる」「発生しなかったら奇跡」 ビオトープに侵入し崩壊させる“ヤバイ奴”の駆除方法に反響
  4. /nl/articles/2406/12/news013.jpg 「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/12/news024.jpg パパが1歳娘を寝かしつけ開始、途中で様子を見てみると…… 驚きの展開への娘の反応に「可愛すぎて語彙力無くなる」「仲良し親子」
  7. /nl/articles/2406/12/news023.jpg 新婦入場をスマホで撮影する父、一番いいシーンでまさかの……? 大爆笑の展開に「歯磨き中に吹いてしまったw」「結末わかってたけど笑ったw」
  8. /nl/articles/2406/11/news023.jpg 食べた後のパイナップルのヘタを植える→3年後…… 驚きの姿に「凄すぎます」「家庭菜園レベチ」と138万表示
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/12/news116.jpg ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」