ニュース
» 2021年06月11日 18時40分 公開

二宮和也、嵐活動休止後初の主演映画で“ゲームざんまい” 「ただのニノやん」「ついに演技のお仕事でもゲーム」

ゲームといえばニノという図式はあるよね。

[Sachi.,ねとらぼ]

 俳優の二宮和也さんが、2022年公開予定の映画「TANG タング」で主演を務めることが6月11日に発表されました。これまでさまざまな役を演じてきた演技派が今回演じるのは「ゲームざんまいで妻に捨てられた男」。二宮さんはジャニーズきってのゲーマーというファン周知の事実があるだけに、「ニノの素じゃん」「えっ……ぴったり!!」と早くも話題を呼んでいます。

二宮和也 ロボット・イン・ザ・ガーデン 映画 ハマり役の予感

 映画「TANG タング」は、2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた英国発の小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』が原作。同作では日本版としてアレンジされ、二宮さん演じる主人公の春日井健は、ゲームに明け暮れていたせいで妻に捨てられてしまい、人生に迷っていたところで自宅の庭に迷い込んできた記憶をなくした不良品ロボット「タング」と出会うというストーリーになっています。

 “ダメ人間”ともいえる主人公がロボットを通して社会と向き合う作品に、二宮さんは「一見、特殊な形に見えますが、普遍的な友情物語だと思っています」とコメント。なお二宮さんと“共演”するタングは「STAND BY ME ドラえもん」や「DESTINY 鎌倉ものがたり」などを手掛けるVFXプロダクション「白組」が制作を担当し、CGキャラクターとして登場します。

二宮和也 ロボット・イン・ザ・ガーデン 映画 原作小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(画像はAmazon.co.jpから)

 二宮さんのガチゲーマーぶりは有名で、5月21日に自身のYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」で、ガチ勢として名をはせるスマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」(以下パズドラ)のプレイ動画を公開。淡々とゲームを進める本編に反し、コメント欄では「間違いなくちゃんとガチです」「大ガチも大ガチの激ガチ勢じゃないすか……」とパズドラ有識者からの驚きの声が上がっていました。

 そのためファンからは、「面白そうめっちゃ楽しみ!」「楽しみしかないです」という声のほか、「それはただのニノやん」と役柄へのツッコミが殺到。「ゲームざんまいとかピッタリな役じゃん!!」「ついに演技のお仕事でもゲームざんまいのオファー」とゲーマーな二宮さんにぴったりなオファーへ歓喜の声が上がりました。

列界の化身に挑戦!ノーチラスヤバい…。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10