ニュース
» 2021年06月15日 22時00分 公開

猫の夜鳴きで寝不足に→かたっぱしから対策した結果 思いがけない理由が判明する猫漫画が参考になる

まさかの結末……!

[三日月影狼,ねとらぼ]

 猫ちゃんの夜鳴き対策を試してみた漫画がInstagramに投稿されています。意外な結末が待ち受けていました。

夜鳴き切り抜き ンメェェ!!

 漫画に登場するのは保護猫出身のお姫様猫ちゃん、キジトラの「シャコ」様です。シャコ様は飼い主であり漫画の作者であるハジさん(関連記事)、そしてハジさんのパートナーであるトムさんと一緒に暮らしています。

 ある夜からシャコ様の夜鳴きがひどくなってしまい、ハジさんとトムさんは寝不足の日々が続いていました。寝不足が辛くなってきた2人はシャコ様の夜鳴きを解消すべく、ネットにあふれる夜鳴き対策方法を片っ端から試す「キジトラ戦隊夜鳴きバスターズ」を結成することになったのです……!

夜鳴きバスターズ1 夜鳴きバスターズ結成!

 対策方法1は「寝る前にごはんやトイレを確認する」。まずは寝る前にご飯も水もモリモリ、トイレもばっちり清潔にしてみましたが……残念ながら全く効果なし、シャコ様の夜鳴きは止まりません。

夜鳴きバスターズ2 まずはご飯とトイレチェック
夜鳴きバスターズ3 ダメでした

 対策方法2は「寝る前にたっぷり遊んで満足させる」。寝る前にシャコ様とたっぷりと遊んでみたところ、ハジさんとトムさんは疲れ切って爆睡してしまいました。

 シャコ様の夜鳴きが気にならないほど眠れた2人の睡眠不足は解決したものの……肝心のシャコ様はご不満な様子だったそう。

夜鳴きバスターズ4 お次はたっぷり遊んでみました
夜鳴きバスターズ5 ダメでした

 対策方法3は「昼間起きている時間を長く作ってみる」。方法は至ってシンプルで、シャコ様がいつもお昼寝する時間帯になるべく起こしておき、夜間は人間に合わせて眠るように調整してみるというもの。

 早速試してみたもののとても不快だったのか、シャコ様はベッドの下に潜り込んでしまい、呼びかけてもおやつを出しても反応してくれなくなってしまいました。

夜鳴きバスターズ6 お昼寝を邪魔してみました
夜鳴きバスターズ7 シャコ様……!!

 最後の対策方法4は「些細なコトでも環境の変化がなかったか確認すること」。最近家の中で起きたことを考えてみたところ、2人は障子紙を変えたことに思い至りました。

 シャコ様は普通の障子はもちろん、猫ちゃんが破れないはずの障子を簡単に破いてしまうため、厚手の白いビニールシートを購入して障子紙の代わりに張っていたのだそうです。その後、夜頑張って破ろうとする音は聞こえていたものの、さすがのシャコ様もビニールシートは破れなかったんだとか。

夜鳴きバスターズ8 環境の変化は……ありました!
夜鳴きバスターズ9 夜鳴きバスターズ、ミッションコンプリートです!

 もしやと思った2人が障子紙を元に戻してみたところ、翌朝ボロボロになった障子の前には気持ちよさそうに眠るシャコ様の姿が……!

 そう、障子を破ることができなくなってしまったからなのか、どうやらシャコ様は“障子紙を変更した”ことに強いストレスを感じていたようなのです

 猫ちゃんがストレスを感じているときは人間目線でなく、猫目線で物事を考えることが大切だということを学び、ちょっぴり反省した2人なのでした。

 漫画の作者であるハジさんはInstagram(@haji_mangapage)とTwitter(@haji_tweetpages)に、シャコ様とトムさんとの暮らしを描いた漫画やイラストを投稿しています。

画像提供:猫×男×男 (ねこだんだん) ネコ×ゲイカップル漫画(@haji_mangapage)さん 

三日月 影狼

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」